海外旅行へ行く時に絶対欲しい薬は?注意点も含め解説します!

ゴールデンウイークや夏休みなどの大型連休時に海外旅行される方もかなり多いと思います。

しかし、海外旅行に行っている時に体調不良が起こると大変です。


特に慣れない土地に行くといくというのは、知らず知らずストレスになっていて、急な体調変化も大いにありえます。


そこで今回は海外旅行へ行く際に常備薬として持って行った方がいい薬やその注意点、あと必要なものがあるので書いてみます。

海外旅行へ行く際に絶対欲しい薬は?

海外に行くと、やっぱり土地の違いからなのか、体調を崩される方が結構います。


ツアーとかだと保険に入る事も多く、そこまで病院の心配などしなくてもいいかも知れませんが、ちょっとした体調不良の時に大変です。


そこで、ここでは常備しておきたい薬について書いてみたいと思います。


持って行きたい薬は、

・解熱鎮痛剤(カロナール、ロキソニンなど)

・下痢止め(ロペミンなど)

・酔い止め(トラベルミンなど)

・胃腸薬(セルベックス、ガスターなど)

・虫刺されなどに使用する軟膏(リンデロンVGなど)

・抗生物質(クラビットなど)

・吐き気止め(ナウゼリン、プリンペランなど)

・ビタミン剤(ビタメジン、ビタノイリンなど)

などがあります。



海外では特に水が合わないという事が多く、お腹に結構来る方が多いです。

そして、寒暖の差などからも体調を崩しやすいですので、上記の薬くらいは持っていくほうがいいです。

市販で買うのもいいですが、私は医療機関で処方してもらい持っていく事をオススメしています。

その理由を次に書いてみたいと思います。



海外に薬を持っていく際に注意する事は?

多くの方が薬について簡単に考えておられると思うのですが、日本での常識が海外の常識ではありません!



よって・・・

日本で大丈夫な薬も海外でも大丈夫と言う保障はありません!



過去に向精神薬を治療の為に服用していたが、アメリカに海外旅行に行った際に向精神薬を持ち込んで罰せられたという事例もあります。


そこで、私が海外旅行に行く際に医療機関で処方してもらってくださいという理由になるのですが、


医療機関で診断書を出してもらってください!

そしてその診断書には英文の一般名で記載してもらうようにお願いしてください!!



これが、かなり大事になってきます。



あと、医療機関から処方箋が発行される事も多いと思います。

そして薬局でも英文で説明の紙を出してもらうようにお願いしてください。


薬局でも出してくれるはずですので、お願いしておくと安心です。


ここで気をつけて欲しい点が一点あります。

薬は早めに貰いに行くようにしてください!

海外旅行に行く前日とかではなく、2週間くらい前に貰うほうがいいです。

理由は、薬局に急にない薬がありすぐに準備できない可能性があることと、説明の紙を英文でと言う事になると多少お時間を頂く事がある為です。


理想は、処方箋を薬局に出して2日後に取りに来ますと言って帰られること。

2日あれば薬局もしっかり準備してくれるはずですので、そのような対応をされる方が待ち時間も少なく済むはずです。



あと・・・

これも必ずもっていってほしい物があります。


それは、

かかりつけ医の連絡先です。

インターネットや携帯の普及により、海外からでも連絡が取りやすくなりました。

万が一の時に海外からでも掛ける可能性がありますので絶対にあった方がいいです。

特に高血圧や糖尿病などの生活習慣病や喘息などお持ちの方は飛行機での移動は負担をかけます。

治療経過などの情報はかかりつけ医が一番持っているはずですので、連絡先は携帯するようにしてください。

薬関係であると便利なものは?

ちょっとした事なのですが、必要なのは上記に書いた通りなのですが、あると便利な医療グッズを紹介します。

・防虫スプレー

・消毒薬

・体温計

・マスク

・冷却シート

・ピンセット など

あとは上記の蜂などに刺された時の針抜きなどあると便利かも知れません。 海外では虫の被害も結構あると聞きます。 そのような備えもあると良いと思います。

最後に

海外では本当に日本では考えられない事が多いです。

文化の違いや土地の違いにびっくりされると思います。

薬に関して書かせて頂きましたが、その国々によって様々な決まりがあります。

厳しい国もあれば色々ですので、用意はしっかりしていく事をオススメします。


あとは税関などでスムーズに終わらせる為に、セカンドバッグに薬は一まとめにしておいた方がいいです。

参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ