子供の花粉症対策について耳鼻科医師もオススメする方法は?

最近、花粉症の低年齢化が進んでいます。

1歳くらいの子供でも花粉症の症状が出る場合も出てきています。

子供にも花粉症対策をしないといけないようになってきました。

そこで今回は、子供の急な花粉症の為の対策を耳鼻科医師と相談してきました。

子供の花粉症でお悩みになられている方の参考になればいいと思い書かせて頂きます。


以前、花粉症の改善の為に薬に頼らず改善するための記事を書かせて頂きました。

子供の花粉症に薬を使わず改善させる為にはどうしたらいい?

上記の記事は薬に頼らずにアレルギーを改善する方法について書いてあります。

花粉症やアレルギーに有用な食品なども書いてみてありますので、参考にしてみてください。


子供の花粉症対策で耳鼻科ドクターに聞いたことは?

子供の花粉症対策も大人の花粉症対策と同じです。


・吸わないこと持ち込まない事


この2点をしっかり守ることです。


その為には、

マスクをする

家に入る時は花粉を払う

出来るだけ服や花粉グッズで防御する


上記の様な対策が大事になってきます。


しかし、子供だと中々嫌がってマスクなどもしない子も多いので、耳鼻科ドクターと話してみました。


ドクターに提示して頂いた対策は、

マスクは子供の花粉症の場合でも、大人も一緒にマスクして下さい。

親もしていると真似して一緒にマスクをする子供が増えるようです。


鼻には鼻の穴の周辺にワセリンを塗って下さい。

ワセリンにひっつき花粉を吸い込むのを防いでくれます。


眼鏡は花粉用の眼鏡をしてくれるならして頂いた方がいいです。

もし無理なようなら帰ってから洗顔をするようにしてください。

子供も理解してきて自発的に洗顔をするようになる子供もいるみたいです。
スポンサードリンク
目の痒みが出るなら掻かずに冷やして下さい。 痒みが治まるはずです。 掻きすぎると結膜炎などにもなりやすくなるので、なるべく触らないようにしてください。 あとは、服装も花粉のつきにくい服を着るように心がけて下さい。 薬を使わずに出来る対策はこれくらいみたいです。 薬を使うのであれば、目薬や点鼻を処方することも多いとの事です。 目薬は1日4回と言われるかもしれませんが、1日2回の朝夕でも効果はあるはずなので、そのようにさしても構わないとおっしゃっていました。 (※これはこの耳鼻科医師の判断で言われていますので、かかりつけの医師に必ず相談してください!) 点鼻は毎日しっかり刺してとのこと。鼻を詰まりにくくするからとの事でした。 薬を使っても使わなくても対策はしてあげたほうがいいから、出来る限りの事はしてあげて下さい。ということでした。

耳鼻科ドクターに子供への花粉症対策で漢方について聞いてみました

耳鼻科ドクターに子供の花粉症対策で漢方について聞いてみました。


漢方だと「小青竜湯」を使うことが多いとおっしゃって頂きました。

これは大人でも子供でも変わらず使うこともあるそうです。

副作用も少なく使いやすいとのことです。

特に、抗アレルギー薬の副作用に多い眠気が少ないことや喉の渇きなども少ないので使いやすいとのことでした。



しかし、子供に対しては量を減らして出すこともあるけど、基本的には苦味も強いのであまり使わないとの事でした。

もし眠気が少ないお薬を希望される場合は総合的に判断しますので、相談して下さいとのことでした。

最後に

今回、耳鼻科医師に色々お話を聞くことが出来て、色々書いてみました。

上手くまとめれたかどうかはわかりませんが、実感として最近小さい子の花粉症はかなり増えているとのことでした。

しかし、花粉症も増えているけど、ご両親の対応も早いので、そこまで重症化する子供も少ないということでした。

治るとは言い難いけど、軽く抑えることは出来るから、早めに受診して下さいというお言葉を頂けたので、この記事を読まれている方は早めに受診するようにして下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ