みかんの栄養素から驚愕の効能・効果が!ダイエットにも?

冬に食べる果物で一番多い「みかん」

実はみかんには様々な効能や効果があり、色々な病気の予防効果があると言われています。

そして栄養価も高い上に栄養素も豊富ですし低カロリーでダイエットなどにも役立ちます!

ここではそのような、みかんのパワーについて書いてみます。

みかんの栄養素はどのようなものが入っているのでしょう?

みかんはもの凄い栄養価が高く、栄養素も多いです。

その上、低カロリーな果物として知られています。

しかし、栄養価が高く栄養素が多いとと聞いても、どのような物が入っているのか知らない方も多いと思います。



ここではまず、みかんの栄養素に対して書いてみたいと思います。

まず有名なのがビタミンCが多いというのはよく聞くと思います。

他に含まれているビタミンとしては・・・

ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンEやビタミンPなど含まれています。



ミネラルだと

カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウムなどが含まれています。



後は、

クエン酸やβカロチン、βクリプトキサンチン、ペクチンなど様々な栄養が含まれています。



ざっと書いてみただけでもこれだけの栄養素が入っています。

これだけ、みかんに栄養素が入っているとわかった所で、次はその栄養素がどのように身体にいいのか書いてみたいと思います。



みかんの効能・効果はどんな効果がある?

上記ではみかんの栄養素について書いてみました。

その栄養が体内でどのような効果・効能があるのかをここで書いてみたいと思います。



・ビタミン群

ビタミンA・・・皮膚や粘膜の正常化

ビタミンB郡・・疲労回復、肌荒れ、疲れ目

ビタミンC・・・抗酸化作用、コラーゲンの合成、がん予防

ビタミンE・・・抗酸化作用(肌の老化を防ぐ)、コレステロールの酸化による動脈硬化の予防など

ビタミンP・・・ヘスペリジンというのですが、血管を強化する作用を持つ(心筋梗塞、脳卒中、動脈硬化などの予防)



・ミネラル群

カルシウム・・骨粗しょう症に有効

リン・・・・・カルシウム、マグネシウムと一緒に骨を作る

鉄・・・・・・体内の赤血球を作る役割

ナトリウム・・カリウムと共に体内の細胞を正常に保つ働き

カリウム・・・ナトリウムと共に体内の細胞を正常に保つ働き




・クエン酸

エネルギー代謝に欠かせない(クエン酸回路という働き)働きがあり、これが行われることによりエネルギーが産生されます。

効果は、疲労回復美肌効果(ターンオーバーを促す)、新陳代謝をあげる血液をサラサラにするなどの効果があります。



・βカロチン

体内でビタミンAに変換されるので、ビタミンAの効果を考えると皮膚や粘膜の正常化が期待できます。

動脈硬化などの予防にも効果があると言われています。



・βクリプトキサンチン

これが、最近の研究でわかってきているのですが、みかんの中でもかなり体内に有益な栄養素になっています。

効果は骨粗しょう症の予防ガン予防糖尿病の進行を遅らす効果、美肌効果など色々な作用があると言われています。

これは、みかんを食べると手のひらが黄色くなる事を経験されたことがあると思いますが、あれはこのβクリプトキサンチンで色がついていると言われています。



・ペクチン

食物繊維の一種なのですが、これも体内でかなり有効な役割を担ってくれています。

コレステロールを下げやすくする働き血糖値の上昇を抑えやすくしたり便秘などにも効果があります。


他にも沢山、栄養素がみかんには含まれています。
ここでちょっと小ネタを・・・ みかんには白いスジがあります。 正式名称はアルベドというのですが、このスジにも栄養素がかなり豊富に入っています。 見た目が悪いので、取って捨ててしまう方もいらっしゃるとおもいますが、積極的に取るほうがいいです。 なにがいいのかといいますと・・・ 果肉に比べて、上記でも書きましたビタミンPがかなり多く入っています。 血管を強くしたり、コレステロールを下げやすかったりしますので、取らずに食べるようにしてくださいね。


みかんはダイエットにも効果があるの??

みかんは甘いので、かなりカロリーが高いと思われがちですが、じつは低カロリー食品です。


果肉部100gに対して大体50キロカロリーしかありません。

その上、外の皮ごと食べるとよく噛むのと、重いので満腹感が得られやすいです。


夕食時にはご飯の量を少なくし、最後にみかんを食べることで満腹感も得られやすいですし、カロリーも低いのでダイエットには最適です。


そしてもう一点ダイエットに最適な理由としては、食物繊維がかなり豊富に入っています。

食物繊維が入ることで、腸管への吸着を遅らせ、血糖値も上がりにくいですし、便秘にも最適です。


その上、クエン酸などによる疲労回復の効果もあるので、運動後に接種するのも最適です。


このような理由からダイエット時に積極的に摂取できるので、ダイエット始めようかと思っている方には一考してみてください。


最後に

今回はみかんの栄養素や効能効果について色々かいてみました。

みかんって冬にこたつでたべるイメージがあると思いますが、じつはこんなに栄養があるスーパーフルーツだったのです。


おやつにも最適ですし、受験勉強中の小休止に食べるもヨシです。

老若男女問わず、積極的に食べることが出来るので、みかんは積極的にとりましょう。


ただ1点だけお願いがあります。

糖尿病患者さんでドクターからカロリー調節を言われている方はドクターの指示通りに摂取するようにしてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ