インクレミンシロップを赤ちゃんや乳児が飲まない時混ぜていい物は?

インクレミンシロップは飲み口は甘いのですが、後味が苦いというか鉄という感じが残るので苦手な赤ちゃんや乳児が多いと思います。

そこで、何かに混ぜて飲ませていいのかを考えるお母さんは多いと思いますが、混ぜていいものをわからない方の為に今回書いてみます。

インクレミンシロップに混ぜていいものは?

インクレミンシロップを飲ませたいんだけど飲まないと悩んでいる方も多いと思います。

ここでは、赤ちゃんや乳児に飲ませるために混ぜていいものについて書いてみます。


まずは一番オススメなのは・・・

100%オレンジジュース または りんごジュースです。

苦味も隠れて飲ませやすいと思います。

特に上記の飲み物はビタミンCも入っており、鉄剤の吸収も上がるのでオススメです。


次に、

水道水 又は 蒸留水

普通に薄める形になります。

しかし、薄めると飲む絶対量が増えてしまい、かえって飲みにくくなる場合がありますので、そこは注意してください。


次に

チョコの様な濃い味で甘いもの

苦味をごまかすのに有効です。


上記の様なものが飲ませやすいと思います。

次に混ぜたらダメなものと混ぜてもいいが出来れば避けてほしいものについて書いてみます。



インクレミンシロップに混ぜるのはあまり良くないものは何?

インクレミンシロップは飲みにくい上に、混ぜるとあまり良くないものもあるので、書いてみます。


タンニンを含むものは基本的にやめておいたほうがいいです。

効果は減弱しないと言われているのですが、色素沈着が起こることがあり、歯が黒くなったりすることがあります。

その為、紅茶や烏龍茶などのお茶系は避けておいたほうが良いと思います。


次に、

ミルクは苦味がついてしまい、ミルクを飲まなくなると困るので避けて下さい。


牛乳はキレート形成(鉄とカルシウムなど反応する事)してしまい効果が減弱することがあるので避けておいたほうが良いかと思います。


ミネラルウォーターも同じです。


ここからは微妙な所なのですが、

基本的に乳製品を使用しているものは上記のように効果の減弱の恐れが考えられます。

その為、アイス、プリンなども微妙といえば微妙です。

しかし、乳製品の絶対量も少ないでしょうから、飲まないようなら試してみるのもいいかと思います。


もし何をしても飲まない時はどうしたらいい?

実際、本当に何をしても飲まないお子さんはいらっしゃいます。

血液検査をして貧血と言われ、飲ませたいけど飲まなくて悩んでいるお母さんはやっぱりいらっしゃいます。


もしそうなってしまったらどうしたらいい?と聞かれることもあります。

「頑張って飲ませて」というのは簡単ですが、それで突き放してしまうのはあまりにも無責任なので、本当に無理なようなら飲ませなくてもいいと思っています。

強引に押さえつけてまで飲ませようとされる方も多いですが、そこまでしなくても問題はないと私は思っています。(個人的な見解で申し訳ないですが・・・)


最近の医療の進歩は凄まじく、早急に鉄剤を補給しないと行けない状態なのかは大体わかります。

目に見えて何か違和感がなければ、かかりつけの小児科医にこまめにかかって経過観察するくらいで良いと思っています。



あと、1歳くらいから子供は急激に成長します。

その過程で今まで体内にあった鉄が足りなくなるのは当たり前の話で出来るだけ離乳食や食事で補うことが大事になってきます。

そして、離乳食を余り食べないとか食事をあまり食べないとかも悩みのタネですが、成長する過程で大体の子供がそうです。

しかし、周りの方を見てもらうとわかると思いますが、それでも子供はしっかり成長します。



ちょっと話がずれますが・・・

個人的な見解で申し訳ないですが、断乳自体もそこまで早くすることはないと思います。

母乳には鉄分が豊富に入っていて母乳からの鉄分吸収率はミルクからの鉄分吸収率よりも圧倒的に高いです。

母乳は50%くらい吸収するのに対してミルクは10%くらいと言われています。


最近は授乳を早めに終わらせる傾向が強いですが、母乳からの栄養素はどんなミルクでも勝てません。


もし、まだ授乳されている位の赤ちゃんが貧血と言われた場合は母乳をあげることでマシになることもあるはずです。

ママが貧血気味ならママはお薬を飲まないといけないと思いますが・・・

そこはお子さんの為に頑張ってくださいと言います!(大人の鉄剤も美味しくないので・・・)


そして、もし母乳の出が悪いとか感じるようなら婦人科に相談してみてください。

母乳外来を併設する産婦人科もあるはずです。




最後に

今回はインクレミンシロップについて色々書かせて頂きました。

決して飲みやすいお薬ではないですが、飲めるようなら飲んでもらうほうが当然いいです。

しかし、無理強いしても飲まない時は飲まないので、気楽に構えることも大事だと思います。


本当に今の医療の進歩は凄くて、相談していただく事で解決できる事もたくさんあります。

もし、一人で悩むくらいなら、ドクターに相談したり、栄養士さんや薬剤師さんなど色々相談に乗っていただける方がいらっしゃいますので、気軽に相談してみてください。




あと・・・

自分にあったドクターを探すようにしてください。

最近のドクターは優しいドクターが多いですが、性格の合う合わないはあります。

しっかり相談できるドクターを探すというのも大事になってきますので、一考してみてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ