平安神宮で花見!ライトアップや混雑状況やアクセス方法は?

京都・平安神宮はご利益の多い神宮でもありますが、桜の名所でもあり、例年多くの観光客で賑わいます。

特に桜のライトアップでは昼とはまた違う風景が見られ人気になっています。

そこで、今回は平安神宮で花見をする際に必要な情報を色々まとめてみます。

京都は複雑な道筋になっている事も多いので、アクセス方法や混雑状況なども書いてみたいと思います。

平安神宮で花見!平安神宮とは?

平安神宮での花見は冒頭でも書かせて頂きましたが、例年大変人気です。

ここでは平安神宮について簡単に書かせて頂き、楽しみ方なども書かせて頂きます。



平安神宮は1895年に創設された朱塗りの杜。特に有名なのが大鳥居で良くテレビでも映ることがあります。

そして、桜の名所でも有名で約20種の様々な桜が咲き誇ります。

特に有名なのが樹齢100年以上になる”左近の桜”が特に有名で一見の価値があります。

例年満開の時期になるとコンサートやライトアップが開催されます。



上記で桜が20種以上と書かせて頂きましたが、その20種の満開時期が多少異なるので、花見を楽しむには長く楽しめる所になっています。



花見が楽しめる期間は3月下旬~4月下旬まで

3月下旬はヤマザクラ

4月上旬はソメイヨシノ

4月下旬はベニシダレザクラ

が楽しめます。


全て楽しむには・・・

4月上旬~4月中旬くらいが一番楽しめます。


桜の本数で言えば約300本です。

本数的には少ないかもしれませんが、1つ1つが雄大で周りに障害物という障害物がないので物凄く絶景です。


※平安神宮の動画です 平安神宮の基本情報 入場料:境内は無料、神苑は大人600円 小児300円 桜が雄大なのも神苑に入ってこそなので、是非神苑には入場してください。 開場時間:6:00~18:00 神苑は8:30~17:30 年中無休で開いております。 ※宴会は禁止です! 飲食も原則禁止になっています! アクセス方法に関しては後ほど書かせて頂きます。

平安神宮での花見でライトアップの時間帯は?

平安神宮のライトアップなのですが、コンサート開催と同期間しかライトアップはありません。

その為、コンサート開催の4日間しかライトアップは見ることが出来ませんので、ここではコンサートの開催期間について書かせて頂きます。



平安神宮 紅しだれコンサート2016

開催期間:2016年4月7日(木)~2016年4月10日(日)

公開時間:18:15~21:00

入場料:1人2000円(前売り1700円)

詳しくはこちらを御覧ください。



例年、かなりの人気で特に東神苑のライトアップは見る価値はあると思います。

この4日間しかライトアップは開催しないのが通例なので、特別感もかなりあります。

お値段はしますが、その価値はあると思いますので是非足を運んでみてください。

平安神宮の混雑状況やアクセス方法は?

京都はどの時期も結構混むのですが、この花見時期は特に混みます。

特に4月上旬から中旬にかけてはどの花見場所もかなり混むので、平安神宮も例外ではありません。



しかし、平安神宮はかなり広大なので、混んでいてもそこまでぎゅうぎゅう詰めになるとかそういうことはありません。

特に、南神苑は入り組んでいますので、自分なりの花見ポイントを探しやすいです。

写真とかもしっかり撮影できると思います。



アクセス方法なのですが、

駐車場はありませんので、公共交通機関での来場をオススメします。

※近隣に有料駐車場はありますが、例年止めれずに渋滞になることもあります。結果的に公共交通機関で来られる方が早いことも多いです。



JR京都駅からバスで来られるなら

市バス5系統、洛バス100号系統

「岡崎公園美術館・平安神宮前」下車 北へ徒歩5分

解らなければ、JR京都駅のバス停で必ずバスの定員さんがいらっしゃるので、聞くとこのバスに乗ってと教えてくれます。



地下鉄なら

地下鉄烏丸線の京都駅から烏丸御池駅まで行き、地下鉄東西線に乗り換えて東山駅まで


地下鉄の乗り換えが解らなければ、

JR京都駅からJR山科駅(やましなえき)まで行き(1駅です。)山科駅から地下鉄東西線に乗り東山駅まで


東山駅から北へ徒歩10分になります。


大体の方が京都駅を基準で考えると思うので、バスなら乗り換えなしで1本(京都駅から約30分)

JRで京都駅から山科駅まで行き、地下鉄東西線に乗り換えて東山駅


この2通りが解りやすいかなと思います。

最後に

平安神宮なのですが、飲食は原則禁止になっています。

その飲食禁止のおかげでかなり綺麗になっていて、心が洗われる感じがします。

その為、ゴミはなるべく出さないようにしてください。

皆さんがマナーを守ることでこれらが維持出来ますので、心がけてくださいね。


最後に豆知識なのですが・・・

花見時期だけ(例年4月1日~15日までの事が多いです。)南神苑を抜けた所に「澄心亭(ちょうしんてい)」という所があるのですが、ここでお茶会が開かれます。

抹茶と桜とお菓子と・・・

なんとも言えない清々しさが味わえると思います。

別途700円必要ですが、お休みされるにはいい所だと思いますので、是非活用してください。


あと、服装なのですが、歩きやすい格好と温度調節の効く格好で来られるようにして下さい。

春の陽気の事が多いですが、寒いと感じる事も多いので、温度管理はしっかりしてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ