花粉症でステロイドを使用すると聞いたが副作用は大丈夫?

花粉症の時にステロイドを使うことがあるのですが、そのステロイドの使用方法も多岐に渡ります。

ステロイド注射、ステロイドの飲み薬、ステロイドの点鼻薬や点眼薬など・・・

どれも使用方法をしっかり知っておき、副作用なども出やすくなる場合もありますので、しっかり知っておきましょう。

本当は怖い?ステロイドの注射は副作用はないの?

たまに、どこかのドクターから花粉症がひどいなら、ステロイドの注射をすると症状が軽減されるよ。と言われたことがあるかもしれません。


確かに、ステロイドを体内に入れれば花粉症症状は収まった感じはします。

しかし、リスクも考えず注射までするのはオススメしません。


そもそもステロイドは何故怖いのか?という事から簡単に説明します。

ステロイドは体内の副腎皮質という所から作られるホルモンなのです。(ステロイドホルモンと言います。)

それを人工的に作り出したものを注射や飲み薬、点眼・点鼻薬などに入れています。


作用を言えば、

・抗炎症(腫れなど抑える作用)作用免疫抑制(リンパ球など抑える働き)作用や抗アレルギー作用様々な代謝を促す作用 など

この様な症状が挙げられます。


これだけ書くと、いい事尽くめじゃないの?と思うかもしれませんが、

そもそも副腎皮質から人体に必要な分は作られています。(作られない病気や異常な反応を示す病気もありますが。)


そこに更にステロイドを足すので・・・

副作用が現れやすくなります。


特に体内に直で入れる注射は想像しただけでも副作用が出やすいことが容易にわかると思います。

強さの順で言えば・・・

注射>飲み薬>点眼・点鼻薬になります。


この順から考慮すると、作用は

注射>飲み薬>点眼・点鼻薬になりますが、


副作用も同様に

注射>飲み薬>点眼・点鼻薬の順になってきます。


花粉症で理想を言えば、症状がきつくても点眼薬・点鼻薬くらいで抑えておけるほうが良い気はします。


次にステロイドの副作用について書いてみたいと思います。




ステロイドってあまり良くないとか怖いとか聞くけど何でなの?

ステロイドの作用は素晴らしい物があるのですが、反面副作用もかなりきつい事が多いのです。

その為、悪いイメージが付いているのだと思います。
確かに主な副作用だけ見れば・・・ ・糖尿病になりやすくなる ・血圧も上がりやすくなる ・骨粗しょう症になりやすくなる。 ・消化器系の障害も起こることがある。 ・高脂血症になることもある。 ・副腎の機能が悪くなることもある。 など かなり怖い病気ばかりですよね・・・ しかし、使い方をしっかりしていれば、症状の抑制にもつながるので、全部が悪いわけではないです。 そもそも、かなり使い勝手が悪いのであれば、ここまで浸透もしていないと思いますし、薬としても成立していないでしょう。 そして、この副作用を踏まえた上で書かせていただきたいことがあります。 それは次に書かせて頂きます。

ここまで副作用が強いのに、なんで花粉症でステロイドを使う必要があるの?

これは、受けられる方の生活の質の問題です。


例えば、花粉症でいつも鼻づまりがひどく、寝れているのかどうかも解らず、日中も眠いし、夜は寝れないし・・・

かなりひどい方だとこのような方もいらっしゃいます。


そういう人がステロイドを使用することによって、鼻の炎症を抑えて通りも良く、快適に過ごせるとなれば何にも代え難い事と思います。


それが注射になると、何もしなくても快適に過ごせるのであれば注射でもいいかな・・・と思う方もいらっしゃると思います。


あと花粉症の人でステロイドの錠剤を服用する場合があります。

それは花粉症の薬は一般的に眠気が出やすいにが多いので、大切な試験など(大学受験とか)ある時に服用すると、

眠気もなく、鼻の詰まりも少なくなるので、そういう時だけ服用するように処方されるドクターもいます。(プレドニンなど)

※セレスタミンはステロイドも入っていますが、アレルギーの薬も入っていますので眠くなりやすいです。


このように自分が生活しやすいようにする為にこういったステロイドを使うのです。

使い方さえしっかりしていれば、自分の生活の質を上げてくれます。


その為、ステロイドを使用する方もいらっしゃるということになります。


最後に


今回、花粉症に対してのステロイド使用について書いてみました。

やっぱり薬なので作用も副作用もあります。


しかし、上手く使えれば生活しやすくなり、快適になる場合もかなりあります。

その為、自分にあった使い方を出来るのであればかなりいいと思います。


個人的な意見ですが、ステロイドの飲み薬は症状がきついときだけ使用して、点眼・点鼻に至っては、1日1回~2回であればそこまでひどくなることも考えにくいのでそのような使い方をオススメします。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ