原付が不要になり友人に譲る時どのような手続きが必要なの?

もうすぐ新生活のシーズンですね!

それに伴い、引っ越しする方も多いと思います。

学生の頃は原付だったけど、社会人になったら車に乗ったり、電車で通勤になったりして原付がいらなくなる方もいると思います。

そしてその不要になった原付を売るのもいいけど、後輩にあげるという方もいると思います。

そこで今回は原付をあげる際に絶対に注意しておかないといけないことについて書いてみたいと思います。

原付が不要になって売るなり譲渡する時にしないといけないことは?

原付が持って帰るのも不便でいらない時に売るなり、譲渡するなりすると思います。

しかし、売るにしても譲渡するにしてもしないといけないことがあります。


それは・・・

廃車手続きです。

(廃車手続きなのですが条件次第ではしなくていい場合もあります。詳しくは下記に書きます。)


これをしておかずに友人に譲ってしまうと、もし何かあった時とんでもない事になりかねませんので、

必ず廃車手続きは行うようにして下さい。



廃車手続きは市役所で出来ます。

その際に必要な物がありますので書いてみます。


・廃車申告書(市役所でもらえます。)

・ナンバープレート標識交付証明書(車検証みたいなもの。ナンバープレートを発行した証明書の事。)

・印鑑(認印で可)

・身分証明証


以上5点が必要になってきます。


しかし、廃車手続きをする際にも注意しないといけないことがありますので、書いてみたいと思います。




廃車手続きをする際に知っておかないといけないことは?

上記で友人に譲渡するには廃車手続きをしないといけないと書きました。

しかし色々条件がありますので、箇条書きで書いてみたいと思います。

※ただし、この廃車の手続きなのですが各市町村で異なることが多いです!一度、確認されることをオススメします。


①譲渡する側が◯◯市在住で、◯◯市のナンバープレートを持っている場合で譲渡される側も◯◯市在住の場合

そのまま、◯◯市の市役所で廃車や譲渡の手続きを行いナンバープレートを発行してもらうことは可能です。

※この場合だと廃車証明がいらず、譲渡証明(名義変更)だけでいける場合もあります。


②譲渡する側が◯◯市在住で、△△市のナンバープレートを持っている場合で譲渡される側が△△市在住の場合

この場合、市町村で異なるのですが・・・

△△市のナンバーをつけているので、譲渡する側の譲渡証明書があればナンバープレートはそのままで△△市で譲渡手続きが可能です。

名義変更という形なります。

その場合、廃車手続きは不要になります。


しかし、△△市で譲渡する側が廃車手続きを行い、譲渡される側が△△市役所でナンバープレートを新たに登録することも出来ます。
③譲渡する側が◯◯市在住で、□□市のナンバープレートを持っている場合で譲渡される側が△△市に在住の場合 この場合は、譲渡する側が△△市の市役所で廃車手続きをして、△△の市役所で新しいナンバープレートを発行してもらう事になります。 しかし、上記の条件で仮に◯◯市から△△市があまりにも遠くて、わざわざ△△市まで行っていられないという場合もあると思います。 その場合、譲渡証明書や委任状でいける場合もあるみたいですので、その申請される市町村の役場に確認してみてください。 因みに譲渡証明書なのですが、特に書き方に決まりはないみたいです。 参考までにリンク貼っておきますので良ければ使って下さい。 http://www.mlit.go.jp/common/000226585.pdf

原付を友人に譲るため、廃車手続きが完了した後にすることは?

今、廃車しただけの状態だと、ナンバープレートが無いため、公道は走れません。

その為に、ナンバープレートを申請しにいかないといけません。



その為には市役所に行く必要があります。

必要なものは・・・



・廃車証明書標識交付申請書(ないなら市役所で相談してみてください。)

・身分証明書(運転免許証又は健康保険証が望ましい)

・印鑑(認印で可)

以上4点が必要になってきます。


これでナンバープレートが発行され、新しい所有者という事になります。


以上で作業は終わりになります。

作業は終わりなのですが、保険について1点だけ書いておきますのでもう少しお付き合い下さい。




自賠責保険は必ず入って下さいね!!!

原付の自賠責保険は強制保険なので必ず入るようにしてください!


入っていないと・・・

6ヶ月以内の免許停止

プラス

1年以下の懲役または50万円以下の罰金


となります。

最近はセブンイレブンでも入れるようになっています。

http://jibai.ehokenstore.com/


簡単に入れるようになっていますので、必ず入るようにしてくださいね。


費用は12ヶ月~60ヶ月までの保証により様々です。

上記のリンクに書いてありますので、知りたい方は御覧ください。



最後に


実は、原付を友人に渡すというだけでも結構な手間になってきます。

その為に友人にはあげずにそのまま自分で処分してしまう方も多いです。

本当にいらなければ、買い取ってくれる業者は多数ありますので、相談してみてください。

一応、買い取り業者を載せておきます。

バイクブロス



参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ