整理整頓とは?5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)の関連性

整理整頓・・・

掃除の上ではかなり重要な言葉になりますが、そもそも整理と整頓の意味が違う事は知っていましたか?

特に関連性の深い5S(整理・整頓・掃除・清潔・躾)は会社などでも重要視され行動を起こす時に出来ていると動きやすくなります。

そこで今回は整理整頓や5Sの関連性について書いてみたいと思います。

整理整頓の違いや整理の方法は?

整理と整頓はセットのように聞こえると思うのですが、実は似て非なるものになります。


整理:いる物といらない物をはっきりと分けていらない物を捨てる事。

整頓:いる物を使いやすいようにきちんと置き、誰でもわかるように明示する事。


簡単に書けば、

整理は物を捨てる事。

整頓は物を残しつつ整える事。


という違いがあります。


そこで今度は整理の方法について書いてみたいと思います。

まずは・・・


完全に必要なもの⇒整頓の繋げる

完全に不必要なもの⇒捨てる

不明なもの⇒さらに細分ゆ化する。

この3つに分けます。


そして、不明なものをさらに2つに分けます。

不明なもの⇒完全に必要なもの⇒整頓に繋げる
     
不明なもの⇒完全に不必要なもの⇒捨てる


このようにして整理を進めていくと効率よく整理ができると思います。

自分の作業する場所(勉強机など)が乱雑になっていると効率も落ちると思います。

そのため、しっかりいる物といらない物を分けて整える事が効率を上げるための一歩になります。


5Sとは?

上記にも書きましたが、仕事・勉強などの効率を上げる為に、5Sという考えがあるとスムーズにいきやすいと言う事が知られています。

ここではその5Sについて書いてみたいと思います。


まず、5Sって何?という事なのですが、

整理:eiri

整頓:eiton

清掃:eisou

清潔:eiketsu

躾 :hitsuke


上記の頭文字をとって5Sと言われています。

次にこの5Sについて書いてみたいと思います。


5S活動の定義は?

上記に書きました5Sなのですが、上記だけみても意味がわからないと思いますので、ここで解説してみたいと思います。



整理:いる物といらない物をはっきりと分けていらない物を捨てる事。

整頓:いるものを使いやすいようにきちんと置き、誰でもわかるように明示する事。

清掃:常に掃除をしてきれいにする事

清潔:整理・整頓・清掃の3Sを維持する事

躾 :決められた事をいつも正しく守る習慣づけの事



5Sにはこういう意味合いがこめられています。

この5Sはどこの会社でも言われる事が多いです。

その為、新入社員さんなどがこの考えを身につける事で会社への有益性をあげる事ができます。


学生さんの勉強では、さいごの躾(しつけ)に関する言葉として、

最近流行っているルーティンという言葉に置き換えてもらうとよりわかりやすいと思います。

ルーティンといえば、最近はラグビーの五郎丸選手のあの五郎丸ポーズを思い浮かべる方も多いと思います。

ちょっと前でいえば、野球のイチロー選手の打席に入るときのユニフォームを整える行為とか…

あのポーズも自分自身への躾ととらえることが出来ます。

決められたことをいつも正しく習慣づけしてるのです。

学生さんなどで言えば、勉強する際に、毎日の作業(決められた時間に予習・復習する!)に組み込む事が躾の一つになります。


その為、会社員の方だけでなく、学生さんにも使える5Sという考え方が効率をあげる近道と言えます。


この考えは別に自分の物だけでなく、考え方でも役に立ってきますので是非身につけたい所です。

時間効率の考え方でもこの5Sは通用しますので。


時間は大切です。

手帳などで書く練習をして、いる時間いらない時間などをはっきり明確に出来ると本当に効率が格段にあがります。

よかったら試してみてください。




最後に

今回は整理整頓や5Sについて書いてみました。

本当にこの考えが身に付けば、時間をもっと有益に使う事ができます。

会社や勉強でも効率をあげると言う事は非常に重要になりますので、是非身につけれるようにしてみてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ