バレンタインを前日に渡すのはあり?後日に渡すのはあり?

バレンタインは知っての通り2月14日の1日限定ですが、

どうしても2月14日が都合悪いことがあると思います。

そこでバレンタインを前日に渡すのはあり?また後日に渡すのはあり?なのかを書いてみます。

バレンタインを前日に渡すのはあり?

先程も書きましたが、バレンタインは2月14日の1日限定です。

しかし、よくあるのがバレンタインデーの当日が日曜などで学校や会社が休みの時、

特に来年の2016年は2月14日は日曜になるので、困ってしまう女性が多いと思います。


そこで、前日の2月13日や前々日の2月12日にあげてもいいものか・・・?と悩むと思います。


男性目線の話をさせて頂きますと、前日でも前々日でもOKです!


男性は貰えると言うだけで嬉しいはずですので、そこまで日にちにこだわりはありません。

これは、私の友人たちに聞いても同じ答えが返って来ていますので、心配ありません!


なので、臆せずにバレンタインの日を望んで下さい。



バレンタインを後日に渡すのはあり?

先程も書きましたが、男性は特に日にちにこだわりはありません。

自分の事を考えてくれて、頂けるという事でそれだけで十分嬉しいのです。


そのため、

バレンタインを後日に渡すのもあり!

という事になります。

そもそもバレンタインデーってどんな日なの?

バレンタインデーは2月14日なのは知っていると思います。

この日が「恋人たちの日」としてキリスト教信者の間で広まってこの日になったという説があります。


しかし、恋人たちの日なんて当人同士の問題ですので、こんな日にこだわることは無いのです。


2月12日が記念日になっても、2月13日が記念日になっても、2月15日が記念日になっても、その日が「恋人たちの日」になるはずです。



最後に

今回はバレンタインは前日に渡すのはあり?後日に渡すのはあり?という事で書いてみました。

結論としては、日にちにこだわりはないです。


きっかけとしては良い日なのかもしれませんが、こんな日にちよりも自分の気持ちの方が大事です。


自分の中で気持ちが固まっているならあとはちょっとの勇気を振り絞るだけです。

それが1日ずれようが男性からしてみればさほどの問題ではないです。(むしろ全然問題でもなんでもないです。)


自分の勇気を振り絞ること。


これが大事になってきますので、頑張ってください!


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ