インフルエンザはペットの犬や猫、インコにはうつるの?

インフルエンザは人にかかりますが、家に一緒に住んでいるペットに感染するのか気になりませんか?

特に、犬や猫、インコなど飼われている方が多いので気になるところだと思います。

そこで今回はペットがインフルエンザにかかるのかを書いてみます。

インフルエンザにペットがかかる?

ペットがインフルエンザにかかることがあるのかどうか気になると思います。


結論からになりますが、

ペットもインフルエンザにかかります。


しかし、ヒトにうつるのかといわれると、うつる場合とうつらない場合があります。


犬インフルエンザは犬にはかかるがヒトには移りません。

鳥インフルエンザはヒトに感染します。詳しくは次の章で書かせて頂きます。

うさぎインフルエンザにかかりますが、ヒトに感染することはないです。

猫インフルエンザと呼ばれるものはあるが、実際にはインフルエンザウイルスでの感染ではなく上気道疾患の事を言い、ヒトへの感染報告はないです。


他には・・・

馬インフルエンザはヒトには移りません。


フェレットインフルエンザはヒトとうつしあいます。

主な感染源はヒトからフェレットにうつします。そしてフェレットからヒトにうつします。



後は鳥インフルエンザ、豚インフルエンザなど色々ありますが、それは次に書かせて頂きます。




新型インフルエンザはペットに感染するの?

今、現在新型インフルエンザとしてヒトへの感染がまだわからないものがいくつかあります。

わかっているものとすれば、


鳥インフルエンザは有名ですが、元来のヒトインフルエンザも鳥由来によるものなので、鳥インフルエンザはヒトに感染する危険性はあります。


特にペットとして飼われている事が多い、

セキセイインコもインフルエンザにかかります。


他には、

ダチョウ、カモ、七面鳥、アヒル、カモメ、ニワトリなど・・・

鳥は殆どインフルエンザにかかると思ってもらったほうが良いかも知れません。


豚インフルエンザはヒトにうつります。

豚インフルエンザは新型インフルエンザウイルスに変異する可能性があるとして、危険レベルが高めになっています。


他には、

アザラシ、クジラ、アライグマなどにもインフルエンザウイルスが見つかっています。

いつ変異して新型インフルエンザとしてヒトに感染するウイルスになるか今は経過を追っている所です。

最後に

今回はインフルエンザはペットにうつるのか?という事で書かせて頂きました。

殆どうつらないですが、ペットとして注意したいのはフェレットと鳥のインフルエンザでしょう。

ヒトにもうつるので、やっぱりヒトと同じような感染予防は大事になると思います。


参考にしてみて下さい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ