花粉症をアレグラで予防して目の痒みや鼻水を軽減できる?

花粉症と言われる症状は毎年の様に聞くと思います。

特に1月末くらいからスギ花粉が出だし、3月くらいまで続くことが言われています。

かなり症状がひどい方もいらっしゃいますので、予防の為にアレグラを使用している方も多いと思います。

そこで今回は花粉症のお薬のアレグラの予防効果について書いてみたいと思います。

花粉症対策にアレグラを服用して症状を予防できる?


毎年花粉症がひどいので、早めにアレグラを服用したいけど予防効果はある?

こう思われる方もいると思います。



結論から申し上げますと、

予防的に投与しても問題はないですが、症状が出始めてからのんでも大丈夫です。



最近の文献では事前投与でも飛散時に投与してもそこまで差がないということがわかっています。

その為、症状がでてから飲んでも問題はないです。



しかし、症状が急に出始めるのを嫌がるのであれば、選択肢の一つとして考慮するのはいいと思います。



花粉症の為にアレグラを服用して目の痒みや鼻水など改善できる?

アレグラは抗アレルギー薬と呼ばれるタイプのお薬です。

そして、この抗アレルギー薬は花粉症の4大症状(くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み)に適応があると言われていますが、

目の痒みに関して言えば、効果が緩やかな場合もあります。



その為、アレグラは目の痒みや鼻水に効果があり、改善は見込めます。



しかし、アレグラは抗アレルギー剤の副作用である眠気が少ない分、全般的に効果は緩めになっています。


次はもし効果が緩かった場合はどうするのかを書いてみます。

花粉症の為にアレグラ服用して目のかゆみや鼻水など改善が見られない時は?


先ほども書きましたが、アレグラは効果が緩めです。

もし症状の改善が見られなかった時は、


①薬を変更する。

もう少し効果が期待できそうなお薬に変更する。

しかし、その際には副作用の事なども気にかけておくといいです。


②点鼻薬や点眼薬を併用して使用する。

点鼻薬で鼻水の症状を軽減したり、点眼薬で目のかゆみなどとりやすくします。

運転など控えている方にはこちらのほうをオススメします。




最後に

今回は花粉症対策にアレグラを書かせて頂きました。

アレグラは一番気になる眠気が少ないと言う点で今処方量は一番良いです。

効果との兼ね合いもあると思いますが、運転などされる方は十分に気をつけて下さい。


参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ