花粉症で眠気が少ないアレグラを飲もうと思うが効果はどう?

花粉症に対して、眠気の少ないタイプの薬と言われている、アレグラという名前の薬を聞いたことあるかもしれません。

最近ではCMでも嵐の大野智さんを起用したCMでも認知度が高まっていますが、

アレグラに対しての効果も気になるところだと思います。

そこで今回はアレグラについて書いてみたいと思います。

花粉症でアレグラを服用して本当に眠気は少ないの?

アレグラはよくCMでも眠気が少ない事を謳っていますが、本当に眠気は少ないの?

と思う方もいると思いますが、これは本当です。


ちょっと専門的になるのですが、

アレグラを飲むと、抗ヒスタミン作用というのを示し、これが花粉症の症状を改善しやすくします。

しかし、この抗ヒスタミン作用というのは、眠気や喉の渇きなどの副作用があります。

理由は中枢神経抑制作用や抗コリン作用と呼ばれる作用があるためです。

これは抗ヒスタミン作用と呼ばれるお薬は全般的にあります。


そしてアレグラはこの中枢神経抑制作用や抗コリン作用と呼ばれる作用を極力抑えているため、

眠気や口の渇きなどの副作用が出にくくなっているのが特徴になります。


次は効果について書いてみたいと思います。


花粉症でアレグラを飲んでみようと思うが効果はどうなの?

先ほどはアレグラの眠気について書かせて頂きましたが、そもそも効果はどうなの?

ここが肝心な所になると思います。

そこでここからは効果について書いてみたいと思います。


アレグラは先ほども書きました、抗ヒスタミン作用というものがかなり弱いので、効果も柔らかい方です。


しかし今、現状で日本のドクターの使用率で一番多いのはこのアレグラになっています。


それは副作用などの兼ね合いと一番バランスが良いからだと思います。


しかし、花粉症は症状の重い方は本当に重いので、効果があまり実感できない方もいると思います。


そういう場合は、ドクターに相談してもう少し効きの良いお薬に変更していただくか、点鼻や点眼など併用して頂くといいと思います。


これだけは知っておいて欲しいのですが、効きを良くする=副作用も出やすくなると思ってもらって構いません。

その為、自分に合う合わないも考慮しつつ、少しずつ変更していく事が必要になるでしょう。

最後に

アレグラは花粉症のお薬の最大の難点である眠気の副作用を極力抑えているお薬になります。

実際、お車などの運転の注意などないお薬の1つになっています。

運転などされる方で眠気が出にくいというのは最大の利点になると思いますので、1つの選択肢として考えてみてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ