インフルエンザはどれくらいで治る?どれくらい休む?

インフルエンザにかかると熱も高くしんどいと思います。

自力で治す方もいれば、薬に頼る方もいると思います。

そこで今回はインフルエンザはどれくらいで治る?どれくらい休むのかについて書いてみたいと思います。

インフルエンザはどれくらいで治る?

インフルエンザがどれくらいで治るのかはインフルエンザの薬を飲む飲まないで違います。

薬が嫌いで自力で治そうと思うと大体解熱まで5日~1週間くらいかかります。

インフルエンザの薬である、タミフル、リレンザ、イナビルなど使用すれば、

解熱は早ければ翌日で、遅くても2~3日で解熱される方が殆どです。


どちらがいいのかは一概には言えません。

ただ、乳幼児や高齢者などはインフルエンザの薬を使用してもらった方が重症化しにくいのでできれば服用してください。




インフルエンザにかかったらどれくらい休む?

一応、学生の場合はインフルエンザにかかったら

発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで休みなさいと言われています。

これは学校保険安全法というので決められています。(合計で7日間です。)



これは解熱してもインフルエンザウイルスが体内にいて、撒いてしまうからです。

その為、解熱後2日間は休んだほうが良いです。


しかし、会社員の方は中々休みづらいと思います。

その為、会社に感染症の時の規定があるかどうか確認してください。

中にはブラック企業で出てきなさいという会社もあるみたいなので、そこはしっかり確認してください。

その場合はマスクは必ず着用してください。


インフルエンザの時のマスクは他人にうつさない為に必須です。

自分がかからない為というのは殆ど効果はありません。

まとめ

インフルエンザはどれくらいで治る?どれくらい休む?という事で書いてみました。

結果的には治るのも休むのも1週間程度いう形になる事が多いです。

ウイルスは発症後5日間すれば殆ど撒くことはないといわれていますが、念のためにマスクはしていきましょう。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ