インフルエンザはaとbは両方かかる?同時にかかる?

冬になりウイルス性疾患が流行る時期になってきますね。

特にインフルエンザは年間1千万人くらい発症するといわれています。

そして、インフルエンザはaとbがあることはご存知だと思います。

そこで今回はインフルエンザaとbは両方かかる?同時にかかる?という疑問について書いてみたいと思います。

インフルエンザa型とb型は両方かかる?


インフルエンザはaとbがあることはご存知かと思います。(cもありますが、あまり見ないので割愛させて頂きます。)

インフルエンザaないしbのどっちかかかったらもう片方はかからないかな?と思う事もあると思います。


結論になるのですが、

1シーズンでaもbも両方かかります。


これは、インフルエンザの予防接種していようがなんだろうが両方かかることはあります。


何故かといいますと、

簡単に書きますとインフルエンザaとbは形が違うためです。


ウイルスは細胞にひっつき、細胞中に侵入し増殖します。


例えば細胞は一回aとくっついて悪さをされると、もうaとくっつきたくなくなります。

その為、同じaを嫌い、くっつかなくなります(これを免疫といいます。)


しかし、aとbは別物なので、aにくっついた細胞がbともくっつく可能性があります。

そしてbともくっついた結果またインフルエンザにかかる訳です。

このため、aとbが1シーズンで両方かかる事もあるという理由になります。


しかし、1つ疑問が浮かぶと思います。

それは、今年aにかかったなら免疫が出来ているはずだから、来年からaにはかからないんじゃないの?と言うことです。


結論だけで言うと来年もかかる可能性はあります。

それはインフルエンザa型というだけでもいっぱい種類がいるためです。


この事に関しては以下の記事に詳しく書いてありますので、よかったら読んでみてください。

インフルエンザA型やB型の症状や違いは?下痢や腹痛もでるの?


インフルエンザaとbは同時にかかるの?

これも疑問の一つに浮かぶと思います。

大体周りの方を見ていると、インフルエンザaもbもかかる人は時期がずれてかかる事が多いと思います。


しかし・・・

aもbも両方同時にかかる可能性もあります。


実際に検査キッドなどで検査した時にaもbも反応が出る方もいらっしゃいます。

理由は上記のインフルエンザa型とb型は両方かかる?と同じです。

形が違うため両方細胞にくっつけば両方かかると言うことです。


しかし、症状的な話をすれば、細胞の個数も無限にある訳ではないので、増殖も一定量で収まるので、

インフルエンザa型もb型も合わさった症状がでると言うわけではありません。

大概ですが、a型寄りの症状が出て落ち着く事が多いです。

最後に

今回はインフルエンザはaとbは両方かかる?同時にかかる?と言うことで書いてみましたが、

結論は両方とも同時にかかることもあると言う事です。

そうするとやっぱり予防は大事になってきますので手洗いぐらいだけでもしっかりしてください。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ