インフルエンザがうつらない方法は?うつる人うつらない人の違いは?

もうすぐインフルエンザがはやる時期が来ますね。

誰もがインフルエンザにかかると、しんどいのは知っていますし、仕事も行きづらくなるのも知っています。

その為、今回はインフルエンザにうつらない方法やうつる人うつらない人の違いについて書いてみたいと思います。

インフルエンザにうつらない方法はあるの?

インフルエンザには誰もがうつりたくないと思います。

しかし、100%うつらないようにすると言うのは不可能なのですが、少しでもインフルエンザがうつる確率を下げる方法を書いてみたいと思います。


その前に、インフルエンザにうつらない様にする為の大前提なのですが、


インフルエンザウイルスを体内に入れない!


これが大前提になってきます。

これを元にインフルエンザにうつらない方法を書いてみたいと思います。


①無駄な人ごみは避ける。

人ごみは人と接触している訳ですので、誰かがインフルエンザウイルスを持っていると、かなりうつりやすくなります。

特に、電車やバスなどの公共交通機関は密室な上、人ごみになるので、かなりうつりやすいです。

通勤・通学に使用される事も多いと思いますので、その様な時の対策については次の項目時に書いてみたいと思います。

あとは、デパートなど人ごみができる所はバス・電車ほどではないですがやっぱりうつりやすいのでなるべく行かないようにした方がいいです。


②手洗いをする。

インフルエンザウイルスが手に付着していて、飲食すると喉から体内に入りやすくなります。

そして、うつってしまう事も多いので、手洗いはかなり頻繁にしてもらった方がいいです。


③マスクをする。

実はマスクをしていても、インフルエンザウイルスはもっと小さいので根本の解決にはならないのですが、それでもうつらない為には意味はあると思いますので、着けないよりは着ける方がいいと思います。


④加湿する。

最近では、加湿器も増えてきてインフルエンザになるべくかからない様にしてある所も多いですが、うつらない為にも有効になってきます。

インフルエンザウイルスは湿度50%~60%あれば活動できないと言われています。

その為、加湿すると言うのは、かなりいいうつらない為の方法になりますので、実践してもらうといいと思います。


以上がうつらない方法になりますので、次はその対策について書いてみたいと思います。




インフルエンザにうつらない様にするための対策は?

インフルエンザにうつらない様にするための対策としては、上記に書いた事をひとつひとつ改善していく事になります。

その為、簡易にできる対策を書いてみます。


①喉にうるおいを与える。

喉が乾燥しているとインフルエンザの好みの環境になってしまうので、喉の湿度は上げることが望ましいです。

特に、電車やバスで通勤・通学している方はうつりやすいと思いますので、水分をこまめに取るとか、唾液をたくさん出すとかしてもらうとうつりにくくなるはずです。

その為、いつでも水分を取れるように、飴を舐めたり、水を持ち歩くなりしてもらうのがいいでしょう。

後は、マスクも濡れマスクの方が喉の湿度が上がり対策の一つになるでしょうね。


②うがいをこまめにする。

実はインフルエンザウイルスは喉に付着してから20分以内に体内に入って行くと言われています。

その為、20分以内であればうがいでウイルスを流す事ができると考えられます。

咳やくしゃみをたくさんされている方などと接触した場合は早めにうがいをする習慣をつけるといいと思います。
家に加湿機がなければ、濡らしたバスタオルを干す。 鼻や喉の粘膜から体内に入っていくというのは先ほども書きました。 そして、湿度が50%~60%になる活動できなくなるというのも書いたと思います。 そこで、部屋の湿度を上げる為に、濡れたバスタオルはうつらない為にも効果的になります。 ④マスクは飛沫感染、接触感染予防の為にしておく。 インフルエンザウイルスは一般的なマスクだと通ると先ほど書きました。 しかし、インフルエンザウイルスは空気感染はほぼありません。 飛沫感染、接触感染が主になってきます。(飛沫感染は唾液などの付着によるものの事です。) 目の前で咳・くしゃみなどされる事があればかかる可能性もあるし、接触による気道への付着も多少は意味あるかな?と思います。 以上が対策となりますので参考にしてみてください。

インフルエンザにうつる人うつらない人の違いは何?

インフルエンザは年間1千万人くらいかかると言われています。

大体13人に1人かかる訳ですが、生まれてからずっとうつったことない人もいると思います。

それは以前ノロウイルスの記事でも書いたのですが、色々理由があります。


①そのウイルスに対して耐性を持っている。生まれつきかかりにくい人がいるウイルスに対するレセプターを持っていない人がいる。


①に関して言えばインフルエンザの場合、インフルエンザの予防接種があるので、耐性がつくのかなと思います。

②、③に関しては詳しく知りたい方は先ほども書きましたノロウイルスの関連記事を参照にしてみてください。

新型ノロウイルス2015の特徴!感染力とかかる人かからない人の違いは?


これらの要因でインフルエンザでうつる人うつらない人というのが出るのです。



最後に

今回インフルエンザがうつらない方法は?うつる人うつらない人の違いは?という事を色々書いてみました。

それに対する解決も色々書いてみましたので参考にしてみてください。

けど、やっぱり一番効果があるのは、不用意な外出は避ける事。

これが一番効果はありそうです。

できることは是非実践してみてくださいね。


参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ