バレンタインの由来で何故チョコ?世界各国では何あげる?

バレンタインにチョコを送るようになったのは何でなのでしょう?

そしてバレンタインの由来もチョコとあまり関係の無いものでした。



実はバレンタインデーって世界各国共通のイベントだったのはご存知ですか?

クリスマスに似た盛り上がりを見せる所もあるんですよ!



そこで今回はバレンタインについて調べてみました。

バレンタインの由来は?

そもそもバレンタインとチョコなんて全く結びつきの無いものでした。


バレンタインデーはセント・バレンタイン→聖バレンタインと書くことから、「バレンタイン」という人物がいたと言われています。

そのバレンタインという人物が、バレンタインデーの由来になっています。


バレンタインという人物は、3世紀に殉教したキリスト教徒と言われています。


当時、愛する人を残して戦争に出なくなかった兵士達がいて、

当時のローマ皇帝の「クラウディス2世」がその兵士たちに恋人と一緒にいれないように結婚を禁止したのです。

それを見兼ねたバレンタインが秘密に結婚させていた事がクラウディス2世にバレてしまい、処刑されてしまう。


その処刑された日が2月14日になります。


キリスト教徒の間では聖人と讃えられ、その2月14日にカードや花束を送り合う習慣があります。


ここから今に伝わるバレンタインデーが出来たと言われています。



バレンタインに何故チョコレートをあげるようになったの?

どれも確立した意見ではないのですが・・・

一番有力と言われているのが、1936年にモロゾフが出した広告にチョコレートを送りましょうといって始まったのが由来と言われています。

そしてその後、デパート(伊勢丹、西武、松坂屋)や森永製菓が1960年代にバレンタインにはチョコレートという事で始めている。

しかし、その当時は全然売れず、バレンタインにチョコレートを送る習慣はまだなかった。


ここから転機が訪れます・・・


1973年にオイルショックが起こったあたりから急激にチョコレートの売上が伸びます。

というのも、チョコレートを作っている所が頑張りを見せ、不況の中、営業で勝ち取っていった賜物でもあります。


実はこうして売上を伸ばしたのはいいのですが、

これでもバレンタインにチョコレートをあげる習慣はまだありませんでした。


本格的にチョコレートがバレンタインにあげる習慣になったのは1980年代後半から徐々に伸びてきています。

それは、製菓会社が広めたと言われていますが、実は当時の子供達(小学生から高校生まで)がそのようにあげ始めたのがキッカケになっていると言われています。


今の流行っているものでもそうですが、子供から流行ると瞬く間に流行するんです。

子供は親に話し、親も買ってあげる。子供同士でもそういう話になるので、そこから一気に広まったと言われています。

この流れが今も続くバレンタインにはチョコレートをあげて、愛の告白をするという習慣になっているのです。

バレンタインデーは世界的イベントですが世界各国では何をあげるの?

日本ではチョコレートをあげるというのは上の章でいっぱい書きましたので、

今度は世界はどうなの?という事に目を向けてみました。


ざっとあげてみますと・・・


アメリカ・・・恋人、家族、友達同士で。カード、キャンディー、花などを贈る。

アフガニスタン・・・送り合う文化がない

イタリア・・・恋人同士お互いに、花、アクセサリー、カードなどのプレゼントを贈る。

イギリス・・・男性から女性にカード、花、お菓子などを贈る。

インド・・・贈る習慣はない。お祝いも禁止。

エチオピア・・・送る習慣はない

オーストラリア・・・クリスマスがもう一度来た感じ。レストランなどはバレンタインメニューが出るみたいです。

カタール・・・贈る習慣はない

カナダ・・・男性から女性にカードと花を贈る。

韓国・・・女性から男性。チョコを贈る。日本と同じ。

カンボジア・・・3本のバラを男性から女性に贈る。赤は恋人、黄色は友達、白はお断り。翌15日に持っていく。

グアテマラ・・・バレンタインにはテディベアを贈る

シンガポール・・・男性から女性に花を送り、ちょっと高級な外食をする。

サウジアラビア・・・贈る習慣はなく、お祝いも禁止。

スイス・・・お互いに赤いバラを贈り合う。

スコットランド・・・バレンタインデーにはお祭りがあり、男性が女性に贈り物をする。

スペイン・・・恋人同士で贈り物をしあう。

タイ・・・男性から女性にバラ。同時にプロポーズする人も多い。

台湾・・・男性から女性に赤いバラを贈る

中国・・・男性から女性。花、カードなどを贈る。

デンマーク・・・カードを恋人に贈る。雪の花を押し花にして贈る。

ドイツ・・・男性から女性にバラの花を贈る。恋人だけでなく家族にも贈る。

フィリピン・・・赤いバラ、メッセージカードを送る。場合によっては贈り物もする。

フィンランド・・・親しい友達や家族にカードや花を贈る

ブラジル・・・贈る習慣はない。

フランス・・・男性から女性にバラの花を贈り、食事したりする。

ベトナム・・・恋人同士又は意中の人にプレゼントを送る。中身は決まっていない。

メキシコ・・・セレナーデを相手の家に行き奏でる。

ラオス・・・送り合う文化がない



このように世界各国共通のお祝いなのです。

全然お祝いなどしない国もありますが、愛を形にする日の所が多いです。

テディベアを贈る国もありました。

こうしてみると世界各国では男性から女性にという形が殆どでした。

女性から男性にチョコを送るのは日本と韓国ぐらいでした。


最後に

今回はバレンタインの由来についてとチョコになった理由、

世界各国でのバレンタインについて書いててみました。

バレンタインデーとして、世界各国も盛んに行われているので、

日本もこうなるでしょうね。

この日だけは女性の方、男性に優しくしてあげてくださいね。

参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ