妊娠して体重増えなくてむしろ減っているけどいいの?

基本的に妊娠中は体重が増えます。

普通に考えて胎児の重さ、羊水の重さ、妊婦自身の出産の為の体重の増加など考えられるので、

出産時には体重が増加することが多いです。

しかし、中には悪阻がひどく全然食べれず、飲めず、飲んでも吐いてしまう。

このような人もいるのです。

そういう方が不安になるのもわかりますので、今回色々調べてみました。

妊娠中に体重が増えないのはいいの?

結論からになるのですが、赤ちゃんが順調に育っているなら大丈夫です。

何も心配せずにマタニティライフを楽しんで下さい。


というのも・・・

「母体は赤ちゃんに優先して栄養を送ります。」

そのため、お母さんが吐きづわりだろうと食べづわりだろうと関係なく母親から吸収するということです。


なので、たとえお母さんの体重が増えなくても変わらなくてもそこまで気にすることはないです。


自分が食べれてなくて体重が増えないから未熟児が生まれるのでは・・・なんて心配は無用です。

きちんと赤ちゃんは栄養を吸収していますので。

最後に書いたのですが、自分の適正体重を知って判断する事が体重に対して言えば、一番の近道になります。




妊娠中に体重が減るのはいいの?

妊娠って不思議なのですが、悪阻がひどく食べれなくて体重が減るというのは普通に考えてありえるのですが、

悪阻もそんなになく、1日3食しっかり食べているのに体重が減るという方もいらっしゃいます。


ただ、そういう状況でも言えるのは、

「赤ちゃんが順調に育っているなら大丈夫」です。


そして、妊娠初期や中期には食べてても体重が落ちていたのが、後期に一気に盛り返したというケースもあります。

あと、妊娠中に体重が減ったとしても適正体重を知り、管理をしていけばそこまで心配する事もないと言われていますので、

次は対処法について書いてみたいと思います。

妊娠中の体重が減ることに対しての対策は?

まずは自己管理として、自分の適正体重を知っておきましょう。

BMIという数値で判断されることが多いのですが、計算方法を書いておきます。



BMI=(自分の体重)÷{(自分の身長【m】)×(自分の身長【m】)}で出た数値になります。


BMI値:18.5未満 痩せ型 18.5~25未満 普通 25~30未満 肥満(1度)と判断されます。


基本的に妊娠中でもこの値を見ながら適正体重を判断することが多いです。


例題として・・・

体重60キロ、身長160センチのかたのBMIは、

BMI=60÷(1.60×1.60)=23.4375 となります。普通体型ですね。


そしてこの数値から妊娠中にはどう判断するのがいいのかを導き出します。


体重が減ってしまって困っているという人も、基本的にこのBMI値に入っていれば問題無いです。

もともとBMIが23あった人が22になってしまったとしてもそこまで問題ないということです。

ただ、そうは言っても不安はあると思いますので、その時はドクターに相談してください。


ただ、問題なのが元々痩せ型でさらに体重が落ちてしまったという方はできるだけバランスのいい食事を取り、ドクターとも相談しつつ進めて貰うほうがいいです。

痩せていると低体重の子供が生まれやすいというのも言われています。

しかし、お母さんの体重が痩せているから絶対に低体重になるというものでもなく、物凄く大きな赤ちゃんを産むお母さんもいますので、そこはドクターと一緒になり、二人三脚でマタニティライフを過ごして下さい。



最後に

途中にも書いたのですが、妊娠は本当に不思議な事が多いです。

色々なことが起こります。

そして出産に至るという事は本当に奇跡な事だと思います。

不安になることもあると思います。

しかし、そういう時こそ新しい命を宿しているんだなと再認識して幸せな気持ちになって下さい。

なるべくストレスを溜めずに心待ちにしてマタニティライフを楽しんで下さいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ