恵方巻の食べ方は?黙って食べるのは何故?具材の意味は?

恵方巻には食べ方の色々ルールがあります。

黙って食べたり、具材の種類や方角などいろいろあるのですが、

方角は書かれる方も多いと思いますので、今回他のルールについて調べてみました。

恵方巻の食べ方として正しいのは?

恵方巻の食べ方には色々ルールがあります。

そのルールについて書いてみたいと思います。


① その年の方角(恵方)に向いて食べる。

② 無駄口を叩かず、目を閉じて無言で食べる。願い事も他人には他言しない。

③ 普段通りの食材で食べきれる量。


以上がポイントとなります。

今回は上記ポイントの②、③について次から書いてみたいと思います。


なお、①のその年の方角(恵方)については以下記事にまとめてみましたので参考にしてみてください

恵方巻2016の方角は?意味や由来は?セブンイレブンがひろめた?



恵方巻を黙って食べるのは何故?目を閉じる理由はあるの?


恵方巻を黙って食べる理由としては、色々諸説があるのですが有力なのは、


しゃべると言葉と一緒に運気が逃げてしまうから


という理由が一番みたいです。


しかし、人によれば春が来るのに障害になるため


笑いながら食べる


という人もいるため特に深い決まりというのもないみたいです。


目を閉じて食べる理由としては、


目を閉じて願い事することでお願いしやすくなる。


という理由みたいです。

よく初詣とかでも願い事は手を重ね目を閉じするので、そこからも来ているのかも知れませんね。


なお、よく太巻きを一本まるまる無言で食べきるという記事を見ますが、

あれは誤解でして、包丁で切らないのは縁が切れるからという説もあるのですが、


目を閉じて願い事をしている時だけ無言で食べるのです。


そのため、一口、二口で十分ですので誤解されないようにしてください。

普通に考えて一本丸々食べきるのはしんどいと思いますしね。

恵方巻の具材は意味があるの?

恵方巻の具材の7種類使うとされています。

意味は商売繁盛や無病息災を願って七福神を示したものであり、福を取り入れるといわれています。

また、

太巻きは逃げた鬼が忘れていった鬼の金棒という説もあり、鬼退治をして邪気をはらうという意味も言われています。


中の具材としては以下の7種類が一般的です。

①かんぴょう
②しいたけ
③卵焼き 又は 伊達巻
④でんぶ
⑤きゅうり 又は 三つ葉
⑥高野豆腐
⑦うなぎ 又は 穴子

と言われていますが、7種類に関して理由がある訳ではないです。


最近では、海鮮巻きのように、鮭やいくら、海老、まぐろなどを巻いている太巻きもあれば、

シーチキン、レタスなどのサラダ巻きも売られています。

具も7種ではないものも出てきていたり、鉄火巻きやかっぱ巻きみたいに1種類の物でも良いみたいです。


最近ではロールケーキも出てきており、極端な話、円柱状ならなんでもいいのかなと思います。




最後に

今回は恵方巻きの食べ方、黙って食べる理由、具材の意味などについて書いてみました。

恵方巻は基本的にはお祭りの行事なので、

願い事のときだけは無言でその後はわいわい楽しく食べるのが吉ですので、あんまり固く考えず楽しんで食べてください。


それでは今回はこの辺りで締めさせて頂きます。

参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ