恵方巻2016の方角は?意味や由来は?セブンイレブンがひろめた?

今年も恵方巻きのシーズンになってきました。

昔から方角はきっちり向いて食べるのよ!みたいに言われてきたと思います。

恵方巻の意味もわかりにくいと思います。

実は関西だけの文化だったのですが、セブンイレブンが全国に広めたといわれています。

こうしてみると謎も多いので調べてみました。

恵方巻の2016年の方角はどっちなの?

恵方巻の方角がわからないと食べられないので、まずは方角から。


恵方巻き2016年の方角は「丙(ひのえ)南南東やや右」です。

節分の2月3日に食べるように言われています。


これだけ聞いても意味がわからないと思いますので、

次に恵方巻の意味や由来など書いてみたいと思います。


恵方巻の意味は?由来は?

恵方巻はその方角(恵方または吉方位とも言います。)に向いて太巻きを食べる。

と言うのが一般的だと思います。


しかし、恵方ってなに?ってなると思いますので、書いてみたいと思います。


恵方とは・・・

歳徳神(とくとくじん)という神様がいる方角と言われています。

歳徳神というのは、その年の福を司る神様と言われています。

その為、その方向に向いて食べながら願い事を思うと福がもらえますよ。という訳で浸透しています。


そして方角の決め方なのですが、

恵方は4つの方角からしか決まりません。


そして、その恵方の方角を決めているのが十干と言われています。

十干とは・・・

甲乙丙丁戊己庚辛壬癸(こうおつへいていぼきこうしんじんき)という十干から来ています。


これだけでは意味がわからないと思いますので、

皆さんもご存知の十二支があると思いますが、その十二支を十にしたと思ってください。


十干なのですが、読み方がありまして、

甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)
己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)

となっています。

上記だと右に1年ごとにずれていきます。

因みに

2015年は乙(きのと)なので2016年は丙(ひのえ)になり、2017年は丁(ひのと)になる訳です。


そして方角なのですが、上記に記したとおり4つしかありません。

東北東 西南西 南南東 北北西 の4つです。

Ehou-direction
(※画像はWikipediaより引用)

十干により方向がきまるので、上の表から見ると、

2016年は「丙(ひのえ)・南南東やや右」となる訳です。

2017年は「丁(ひのと)・北北西やや右」となります。




ちなみに・・・

「やや右」となるのは、西洋式の方位と中国式の方位に若干のズレがあり、

中国式の方位を西洋式の方位にしている為と言われています。


以上が

恵方の意味や由来となります。

恵方の方角はこのようにして決められていますので、慣れてしまえば物凄く簡単です。


おまけですが・・・

恵方の方角を調べるアプリが存在します!

もし簡単に知りたければダウンロードしてみてください。

iPhone・ipadはこちらから⇒恵方コンパス

Androidはこちらから⇒恵方コンパス

恵方巻はセブンイレブンが全国に広めたって本当?

今まで関西の文化だったのが、一気に全国区のイベントになった訳ですが、

その広がりはセブンイレブンが関与していたみたいです。


一番初めにコンビニで販売したのがファミリーマートだったのですが、

その時は関西圏だけの物でした。


数年後・・・

広島で恵方巻を紹介されました。

節分に「巻き寿司を丸かぶりして幸運を祈る風習が関西にはある」というのを紹介されました。

それを先だって行ったのがセブンイレブンでした。



そこからセブンイレブンが最初西のほうへの展開だったのですが、

どんどん東のほうまで展開することになり、最終的には全国展開となったということです。


セブンイレブンの販売方式を垣間見た感じですよね。

それにあやかり、最近ではコンビニ、スーパー、デパートなどどこでも販売されるようになってきました。


こうして、恵方巻として全国に広まるようになりました。

このような説があると言われています。

ほぼ全国に展開しているセブンイレブンだからこそできた芸当だと思います。



最後に

恵方巻の文化は関西では昔からあるのですが、ここまで大々的になるとは思っていませんでした。

それまで何気なしに食べていたのが、こうして全国にまで広がって、

年間の1つのイベントとして組み込まれているのが不思議な感じです。


しかし、殆どの方が「無病息災」を願う事としても知られていますので、良い事だと思っています。

今後も健やかにいければいいなと思いました。


以上で締めさせて頂きます。

参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ