インフルエンザの症状!子供は予防接種で軽くなるの?薬は?

もうすぐ冬になってきますね。

保育園とかに行かれているお子さんも少しずつ冬に特有の病気をもらってきてしまう頃だと思います。

特にインフルエンザなどは結構もらってきやすいので、少しでもインフルエンザの症状かな?と思えば受診してください。

今回は子供のインフルエンザの症状について調べてみました。

インフルエンザの症状は子供ではどうなの?

インフルエンザにかかると、大人でも子供でも注意が必要です。

急激に症状が悪化しやすいので、良く観察していてあげて下さい。


特徴としては、

・38度以上の急な発熱全身倦怠感(だるさ)筋肉痛や関節痛など頭痛


上記が初期段階でのインフルエンザの特徴です。


・鼻水、鼻づまり、咳喉の調子が悪いなど



これらの症状は後から出て来ることが多いです。


よって風邪様症状とは違い、鼻水などの外見に現れる症状が後からついてくるので、

全身症状がでた段階で受診することをオススメします。


インフルエンザの症状は子供は予防接種で軽くなるの?

インフルエンザの予防接種で症状が軽くなるのかというと、実感としてですが、


やっぱり軽くなっている気がします。


熱も37度台で済んだり、関節痛等の全身倦怠感も少なめな気がします。

しかし、そのおかげなのか、インフルエンザと気付かない事もあります。

それでもウイルスを出してしまうので、感染者は増えるかもしれません。


ただ、私が聞いたこと無いだけかもしれませんが、

「インフルエンザの予防接種をして症状が軽かった」と聞いたことはあっても、

「インフルエンザの予防接種をしていないのに症状が軽かった」とはあまり聞いたことありません。


私見で申し訳ないのですが、この事を考えても予防接種は効果あるのではないでしょうか。


あと、これは重要な事なのですが・・・

インフルエンザがから起因する事のある、子供に多い症状として、

※インフルエンザ脳症や肺炎など怖い病気のリスクを考えれば予防接種は受けたほうがいいと私は考えます。


※インフルエンザ脳症とは・・・

5歳以下(特に1~3歳)に好発し、A型インフルエンザ(A香港型)が原因のことが多い。発熱して平均1.4日後に発症する。

嘔吐・下痢・腎機能障害とともに意識障害も出現する。血小板が減少しDIC(播種性血管内凝固症候群)になることもある。

原因は不明であるが、40℃以上の発熱の数時間継続と解熱剤のNSAIDs内服など、

何らかの原因で脳の血管内皮細胞が障害されて起こるということがわかっている。(Wikipediaより抜粋)


予防接種を受けていなければ40度超えての発熱はありえますが、予防接種をしていると38度くらいで抑えられることも多いです。

その為、解熱剤の使用も抑えられる。

この事だけでも予防接種はする意味があると私は思っています。

お金のかかることなので、絶対に受けてくださいね!とも言いづらいですが、検討して頂ければ嬉しく思います。


インフルエンザの症状は子供は薬で軽くなるの?

インフルエンザの場合に限らずですが、

子供にはむやみやたらに解熱剤を使用しない方がいいです。


どうしてもしんどい時だけアセトアミノフェン製剤を少量使用するのはいいと思います。


むやみやたらに解熱剤を使用しない理由としては、

熱を出すことで、身体がウイルスと戦ってくれているので、それを阻害することになります。


あと・・・

最近はめっきり減りましたが「※ライ症候群」という怖い病気の引き金にもなりかねないので、

解熱剤の安易な使用はしない方がいいです。



※「ライ症候群」とは・・・

6~12歳に好発し、B型インフルエンザが原因のことが多い。他、水痘・帯状疱疹ウイルスなどでも生じる。

発熱して5~7日後に発症することが多い。嘔吐・意識障害・痙攣を生じる。

また、高度の肝機能障害・低血糖・高アンモニア血症も伴うことがある。

解熱剤のアスピリンに含まれるサリチル酸がミトコンドリアを障害するという説がある。

実際はインフルエンザウイルスが発症者の脳から検出されたことはなく、

メフェナム酸(ポンタール)やジクロフェナク(ボルタレン)といった、

強すぎて海外では既に使われていないが日本国内では認可されている解熱剤により発症するという意見も無視することはできない。(Wikipediaより抜粋)



タミフルやリレンザ、イナビルなどのインフルエンザのお薬は発症後48時間以内なら効果がありますが、

もし、時間が経過してしまっていれば、自然治癒を待つほうがいいと思います。


あまりにもぐったりしたり、いつもと何か違うと思えば受診されてもいいと思います。

しかし、受診したとしても治療薬がありませんので解熱剤処方くらいで終わると思います。



最後に

今回は子供のインフルエンザの症状について調べてみました。

色々書いてみて見難いかも知れませんが一生懸命書いたつもりです。


そして、一点だけ最後に書きたいことがあります。

それは・・・


親の勘って当たります。


ということです。

いつも一緒にいて何かが違うという違和感は感じ取れます。

もしそういう状況に出くわした時は、きちんと受診したり相談してもらえばいいです。

遠慮はいりません。

子供を守れるのは家族の方だけですので、しっかり見てあげてくださいね。


参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ