インフルエンザの予防接種の時期は?幼児も大人も妊婦も同じ?

毎年この時期になるとインフルエンザの話題が出てきますが、

今回は予防接種の次期について、幼児も大人も妊婦さんも同じでいいのかを調べてみました。

参考にしてみてください。

インフルエンザの予防接種の時期は幼児はいつ?

幼児の子供をもつお母さんとしては心配だと思います。

子供が苦しんでいるのをみるのもつらいと思いますので、しっかり予防接種はしてあげましょう。


幼児の場合は2回接種となるので、

予防接種の時期としては、


1回目:10月下旬~11月上旬

2回目:11月下旬~12月上旬

がいいと思います。


インフルエンザの予防接種はうってからすぐに効く訳ではありません。

大体2週間から4週間くらい効くまでに時間がかかるので、

12月上旬に受けた場合、効果が出始めるのが1月になることもあるので、

1月だとかかっていても不思議ではありません。


ただ幼児の場合、風邪をひいてしまい、打てなくなる事も多いと思います。

それでも焦らずゆっくり接種してもらえば大丈夫ですので、

ドクターと相談した上でしっかり受けて下さい。


インフルエンザの予防接種の時期は大人はいつ?

インフルエンザの予防接種の時期として、大人の場合は1回接種になります。

上記にも書きましたが、インフルエンザの予防接種を受けてから効果が出るまでに

2週間から4週間かかります。


しかし、メーカーでは一回接種すると5ヶ月くらい効果があると書いてありますが、

実感としては3ヶ月くらいで切れている感じがしなくもないです。


それを考慮した上で、

インフルエンザの予防接種の時期としては


11月下旬から12月上旬


がいいと思います。

インフルエンザの好発時期が1月~3月くらいまでと考えると、

この期間が一番いいのかなと思います。

ただ、12月でもインフルエンザの方がいない訳でもないので難しい所ですが、

この期間が一番いい気がしています。

インフルエンザの予防接種の時期は妊婦はいつ?

妊婦さんも発症リスクを避けるためにインフルエンザの予防接種は受けておいたほうがいいと思います。

赤ちゃんはお母さんの熱が上がるとやっぱり苦しいので、予防出来ることはしっかり予防しましょう。


インフルエンザの予防接種の時期としては、


11月下旬~12月上旬


がいいと思います。


しかし、一点だけ書きたいことがあります。

これを書こうかどうか迷いましたが、真実を書いておかないとブログに記している意味がないのかなと思いまして、書かせて頂きます。


実は、インフルエンザの予防接種のワクチンだけでなく、結構なワクチン(不活化ワクチンというワクチンだけですが)に保存料として水銀が使われています。

チメロサールといいますが、昔は自閉症などの発達障害が指摘されていました。

今現在はその因果関係はないと言われていて、実際に使用をされています。

妊婦ではなく普通の大人であればソレでいいと思うのですが、

因果関係がないと言っても、絶対にないと否定している訳ではないんですよ。



もし、自閉症などの発達障害が出たとしても、大体出産される2%の子供には何かあると言われていますので、

うやむやのままに因果関係がないから違うと思いますよ。と片付けられると思います。

こうなってしまっては証明する手立てもないので泣き寝入りです。



その為、妊婦さんにはチメロサールフリーの予防接種を受けてくださいね。とお願いしています。

少々お値段は高いですが、むちゃくちゃ高い訳ではないので(自由診療なので価格は病院によって違います。)

その方がいいと思っています。


といいますか、

妊婦さんには予めチメロサールフリーのを使用すればいいのに・・・と思っています。

良心的な婦人科さんでは予め妊婦さんに説明してくれて、選択肢を与えてくれてます。

お金のかかることなので、どっちを使用するかを選択出来ることはいいことだと思うのですが、

中々現状ではそういう訳にはいきません。


一応、厚生労働省からの資料もありますので、興味のある方は見てみて下さい。

ダウンロードはこちら

あと他サイトですが、詳しくわかりやすく解説してくださっている方がいらっしゃいました。

わかりやすい解説はこちら


※追記

書き忘れたのですが別に今普通に流通しているインフルエンザのワクチンが妊婦さんに絶対ダメ!と言っている訳ではありません。

その水銀の入っているワクチンを接種したから、絶対にお子さんに何か異常がでるという訳ではありません。

現に世の中のお母さん方でワクチンで異常が・・・となっていたらもっと話題になっているはずですしね。

ただ、万が一何かあった時、ワクチン接種したから・・・と自分を責めてしまうかなと思いまして書かせて頂きました。


ワクチンは別に悪ではありません。

むしろ、お腹の赤ちゃんの事を考えればとても良策だと思います。

しかし、リスクを少しでも下げるための事を医療従事者がもっと心がけてもいいのかなと感じています。

今まで接種してきてなにもないから大丈夫だろうでは、何かあったとき責任とれるのか?と感じます。

本当に万が一(10000分の1)の可能性かも知れません。

しかし、どこでその万が一がでるのかわからないので、その万が一をちょっとでも潰すのが医療従事者の役目では?と思います。

長くなって申し訳ございませんでした。




最後に

今回はインフルエンザの予防接種の時期について書いてみました。

好発時期から逆算してという形で書かせて頂きましたが、あくまで参考程度にしておいて下さい。

文中にも書きましたが、12月にかかる人もいれば、4月にかかる人もいます。

それと、インフルエンザだけは予防接種しても60%~70%しか予防効果がないと言われています。

絶対かからないわけではないので、本当に予防という形でとらえておいて下さい。


過去に予防に対して関連記事を書きましたので、そちらも参考にしてみてください。

インフルエンザの予防接種受験まで効かすには?予防するには?

妊娠中にインフルエンザ予防接種で胎児に影響は?免疫は?予防法は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ