京都イルミエール2015-2016開催期間は?電車は?送迎バスは?

京都イルミエール2015-2016が今年も開催される事になりました。

京都では最大のイルミネーションである京都イルミエール

車で行くのがいいのは知っているけど、どうしても都合が付かない場合もあると思います。

そこで今回は京都イルミエールまでの電車や送迎バスについて書いてみたいと思います。

京都イルミエール2015-2016の開催期間は?

京都イルミエールの開催期間が決定いたしました。

開催期間:2015年10月31日(土)~2016年4月3日(日)まで


開園時間:16:30~21:30


点灯時間:日没から


点灯の瞬間はかなり綺麗なので出来れば点灯開始の時間帯から行った方がいいと思います。



京都イルミエール2015-2016に電車で行く場合はどうしたらいいの?

電車で行くには色々あるのですが、

大阪・兵庫方面からの場合


大阪駅(630円)→東海道本線→川西池田駅→送迎バス→るり渓高原(約80分)


京橋駅(730円)→東西線→尼崎駅→福知山線→川西池田駅→送迎バス→るり渓高原(約90分)


西宮駅(630円)→神戸線→尼崎駅→福知山線→川西池田駅→送迎バス→るり渓高原(約90分)


梅田駅(570円)→阪急宝塚線→川西能勢口駅(※)→能勢電鉄→日生中央駅→送迎バス→るり渓高原(約75分)

(※)川西池田駅から川西能勢口駅まで徒歩5分です。


滋賀・京都方面からの場合


大津駅(760円)→東海道本線→京都駅→山陰本線→園部駅→送迎バス→るり渓高原(約90分)


京都駅(570円)→山陰本線→園部駅→送迎バス→るり渓高原(約75分)


結構時間がかかるので、一日がかりで行くことになると思います。

川西池田駅からの送迎バスは1日1本(13:30分発に宿泊者専用バス)しかありませんので、歩いて川口能勢駅まで行くことをオススメします。

近くに宿泊施設といえば会場のるり渓温泉しかなく、それなりにお値段はしますので、日帰りをオススメします。

京都イルミエール2015-2016の送迎バスの時間帯は?

送迎バスは1時間に1本しかありません。

時間には気をつけておいて下さい。


行きは

川西池田駅→るり渓高原 13:30分発


日生中央駅→るり渓高原 10時発 11時発 12時発 14時発 15時発 16時発 17時発 18時発(いずれも定時です。)

園部駅→るり渓高原   10時発 11時発 13時発 15時発 16時発(土日祝のみ)17時発 18時発


帰りは

るり渓高原→川西池田駅 12時20分


るり渓高原→日生中央駅  9時20分 10時20分 11時20分 12時20分 14時20分 15時20分 16時20分 17時20分 19時20分(土日祝のみ) 20時 21時(土日祝のみ)

るり渓高原→園部駅    9時半 10時半 12時半 14時半 15時半(土日祝のみ) 16時半 17時半 19時20分(土日祝のみ) 20時 21時(土日祝のみ)

帰りの電車の兼ね合いもあると思いますので一回プランを立ててから行かれる事をオススメします



最後に

京都イルミエールはるり渓高原という山の方での開催で交通の便は悪いですが、それを補う位、イルミネーションは綺麗です!

約100万級ものLEDでお出迎えされますので、一見の価値はあると思います。

どの年代の方でも十分に楽しめると思いますので、一度足を運んでみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ