いちご狩りでいちごを美味しく食べる方法やコツは?持ち物は?

毎年1月~5月くらいまで行われる人気の行事の一つとして、いちご狩りがあります。

いちご狩りは結構盛り上がるので、家族でもカップルでもかなり楽します。

そこで今回はそのいちご狩りを楽しもうというコンセプトで書いてみようと思います。

いちご狩りのいちごを美味しく食べる方法は?

いちごを食べるのにどうせなら美味しく食べたいと思うと思います。

そこで、美味しく食べる方法を色々紹介させて頂きます。


①採れたてを何もつけずに食べる。

定番で何のひねりもなくて申し訳ありませんが、一番美味しいと言われる方多いです。

先端の方が甘いので、ヘタの付いている方から先端にかけて食べると酸味と甘味がマッチして、

格段に甘みが上がります!


②練乳をかける。

これも定番ですね。

甘みが出て、酸味との合わせ技がかなり美味しく食べれると思います。

ちなみにいちご狩りに行くと練乳を準備してくれている所もあるのですが、量まで確認出来ませんので、持参しておくこと又はその会場に聞いてみてください。


③はちみつをかける。

あまり聞かないかも知れませんが、はちみつの甘みもいちごには良く合います。

トロッとしたはちみつに絡めて食べるとかなりマッチして美味しいです。


④生クリームを付ける。

練乳だと甘すぎるという方にオススメなのですが、ほんのりとした甘さで練乳よりもあっさり食べれます。


以上4つがいちご狩り会場で現実に出来そうな美味しく食べれる方法となりますので試してみて欲しいですが、

番外編として1つ付け加えさせて下さい。


これは、私は好きですが色々試して頂いた結果、賛否両論でした。


それは、

カレーせんべいを途中に食べるです!

あのカレーせんべいの辛すぎないカレーの感じが口の中を甘さを浄化して、さらにいちごが食べれます。

ぶどう狩りでも大活躍でした!


これは会場によって持ち込み不可かも知れませんので、事前に確認して頂くことをオススメします。


次はいちご狩りでいちごを見分けるコツを書きたいと思います。


いちご狩りで美味しいいちごを見分けるコツは?

美味しいいちごを見分けるコツなのですが、箇条書きで書いてみたいと思います。


①果実

表面は光沢があり、ヘタのところまでしっかり赤いいちごがいい


②ヘタ

元気に反っていて緑色が濃いほうがいい


③

種が中に入り込んでいるいちごがいい。(種の周りが盛り上がっている。)


④大きさ

大きすぎるよりも小さめの方が果肉もしっかりしていて甘い


簡単に書きましたが、外出先でも見れるようにこの4つのポイントだけ抑えておいてください。


いちご狩りにあると便利な持ち物は?

いちご狩りに行く際にないと困るかなという持ち物を書いていきます。


①ウエットティッシュ

大人も子供も大変重宝すると思います。

口や手を拭くことなどかなり多くありますので、大きめのサイズを1つと、

あと、お子様連れで行く場合はデジカメで写真など撮影すると思いますので、

10枚1パックみたいな簡単に取り出せるウエットティッシュもあると便利です。飲み物

ビニルハウスの中は基本的にかなり暑いです。

動くので喉が乾くと思いますので、飲料はあるといいです。


③ビニール袋

ちょっと多めに持参しておくといいです。

特に、お子様連れの場合、ほぼ確実に食べ過ぎますので、戻す可能性なども考えられますので、多めがいいです。


④お子様がいる場合はスタイやエプロン

いちごはほとんど水分なので服もかなり汚れます。

帰りに着替えるとしても、いちご狩りの途中に着替えるのでは時間がないと思いますので、オススメです。


番外編として

ビニルハウスなので、ベビーカー等使用するくらいのお子様だとベビーカーが入れない可能性もあるので、

先に確認しておいて下さい。


いちご狩りに適した服装は?

ビニルハウスは暑いので、温度調節の効く服装がいいと思います。

靴は歩きやすい靴がいいです。スニーカーなど。

いちごはほとんど水分なのでトイレが近くなります。その為着替えやすい服装がいいと思います。


後は荷物は最低限でいくといいです。

ハウスは狭くなっている所もあるので通りにくかったりしますので、荷物は少なめで行きましょう。


最後に

色々いちご狩りについて書いてみました。

いちご狩りは自然とふれあうことが出来て、コミュニケーションも取れるので、

デートや家族旅行にも最適だと思います。

しかし、旅行に行くということは他の方もいらっしゃるということですので、

マナーを守り楽しんで下さいね。


参考になれば幸いです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ