花粉症の薬は眠くなる?市販薬で眠気の少ないのはどの薬?

花粉症の薬は眠くなるというのは聞くことはあると思います。

しかし、眠気の少ないタイプもあります。

眠気と効果のバランスを考えながら、自分のライフスタイルに合ったお薬を使用して頂くために、

今回、色々書いてみますので参考にしてみてください。


花粉症で眠気の少ないタイプの市販薬は?

花粉症で眠くなるのは、抗ヒスタミン剤が血液脳関門(BBB)を通り、

中枢を抑制することから眠くなると言われています。


という事は、血液脳関門を通りにくい花粉症の薬を探せばいいのでは?


ということになります。


しかし、薬の効きのいいのは中枢抑制作用も強く、眠気も出やすくなります。

逆のことを言えば、眠気の少ないタイプというのは、効果も若干弱めになってきます。

※血液脳関門を全く通らない抗ヒスタミンの薬はないです。(かなり通りにくいという薬はあります。)

なので、全く眠気が出ないということはありえません。

眠気は出なくても注意力が散漫になるとかそういった事も考えられますので、あえて眠気が出にくいと表現しています。


今回、眠気の出にくいタイプの市販薬でいえば、アレグラEX(フェキソフェナジン)が一番眠くなりにくいと思います。

しかし効果の面を考えると若干不安ではありますが、それは他の点鼻薬や点眼薬を併用して乗り切るのがいいかも知れません。

そこで次からはアレグラと一緒に使用してみてもいい点鼻薬・目薬について解説してみます。



花粉症の点鼻薬はどんなのがいいの?

点鼻薬は症状によって使い分けるのがいいと思います。

例えば、鼻水がひどいのか、鼻づまりがひどいのかによっても種類が変わってきます。


①鼻水がひどい場合

鼻水がひどい時は抗ヒスタミンの入っている点鼻薬の方が鼻水は止まりやすいです。

ザジテン点鼻などがいいのかなと思います。


②鼻づまりがひどい時

鼻づまりがひどい時はステロイドα1刺激剤抗アレルギー剤というのを使用して血管を収縮させたり、炎症を取って腫れを抑えます。

結果、鼻の通りが良くなります。

ナファゾリンという成分が入っているのをよく市販薬では見かけます。

アルガードSTスプレーなど

ナファゾリンは使用し過ぎると、鼻腔内粘膜が肥厚し、効きがどんどん悪くなるので、本当に鼻のつまりがひどい時だけに使用することをオススメします。

ケミカルメディエーター遊離抑制薬(名称は難しいですが、アレルギー物質を出しにくくする薬と思っておいて下さい。)のクロモグリク酸ナトリウムも入っていますので、効果は良いと思います。

ただクロムグリク酸ナトリウムは即効性が薄いので、効果実感出来るまでに時間がかかります。


あと、ステロイドと塩酸テトラヒドロゾリン(ナファゾリンの仲間と思っておいて下さい。) の合剤のコールタイジンは鼻づまりにかなり効くと思います。

即効性・鼻づまりでは一番効きが良いと思います。



花粉症の目薬はどんなのがいいの?

花粉症の目薬は、成分的には点鼻薬と似ています。

痒みには抗ヒスタミンの目薬、効果を持続させるにはケミカルメディエーター遊離抑制薬(抗アレルギー薬)、

充血を抑えるにはナファゾリンなど使用されます。

金のアルガードなどは持続もあって痒みも抑えるのでいいのではないでしょうか。


まとめ

今回は花粉症の眠気について書いてみましたが、

花粉症は自分のライフスタイルにあった薬を使用するのがいいと思います。

眠気が出てもいいから回数を少なくとか、効きが良いほうがいいとか、

自分にあった薬を選ぶのが一番だと思います。

参考にしてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ