喪中はがきを受け取った時の対応とマナー。寒中見舞いの文例

年末になるにつれ、1年を締めくくるべく、色々な事があると思います。

そこで、今回は喪中はがきを受け取った時の対応について書いてみたいと思います。


社会人になるとマナーは大変大事になってきますので、

お相手に失礼のないように振る舞っていきましょう。



喪中はがきが届いた時の対応は?

大体11月末くらいになると喪中はがき(年賀状欠礼はがき)が届く事が多いと思います。

はがきを下さった方は、近親者が喪に服しているのを教えて下さっています。


そこで、喪中はがきを受け取った時の対応を書かせて頂きます。

喪中はがきを受け取ると年賀状を出すことは控えた方がいいので、寒中見舞いをお出しするのが

一般的になります。


しかし、寒中見舞いと言っても何をしたらいいかわからない??


そこで、次はその寒中見舞いでする事を書いてみたいと思います。



寒中見舞いを出す時のマナーは?これはダメ?

寒中見舞いは挨拶を書いた寒中はがきを出すことが一般的です。

そこで、寒中はがきを出す際に知っておいた方がいい事を上げてみます。


・期間は大体1月8日から節分(2月3日)までに出すことがいいとされています。

・はがきは官製はがきで出します。(年賀状はダメです。)


年賀状はお祝いの意味合いが強いので、年賀状では出しません。


寒中はがきで書くことは「挨拶」です。

従って、祝うような内容ではなく、季節のことやお身体の事など触れる文章がいいです。


※ちなみに、喪に服していない場合でも「寒中見舞い」を送ることは可能です。

挨拶になりますので、気兼ねなく出すといいと思います。


しかし、注意して欲しいのは、年賀状を頂いて、

出しそびれたから「寒中見舞い」のはがきを出すというのは間違いです。

先程も書きましたが、年賀状はお祝いの意味合いなので、

出しそびれたとしても年賀状で出しましょう。



寒中見舞いの文例はどのようにしたらいい?

寒中見舞いは先程もかきましたが、「挨拶」ですので、

季節の事、お身体を気遣うこと、あとは近況など何でもいいです。


文例としては、


寒中お見舞い申し上げます。

ご服喪中との由を賜り、年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました。

静かにご越年のことと存じますが、どうかお力をおおとしになりませんように。

寒さが一段と厳しくなります折柄、何卒お体を大切にお過ごしください。



簡単に書いてみましたが、お相手を気遣う心があれば、文面はどのような形でも大丈夫です。




最後に

今回は喪中はがきや寒中見舞いに対しての事を書いてみました。


いち社会人として、基本的なマナーとして書かせて頂きましたが、

本当は、お相手を気遣う心の問題です。


その為、文面などにはこだわらず、お相手を思う気持ちを

文章にさえすればそれでいいと思います。


参考にしてみてください。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ