暖房器具使用で起こる結露の仕組みは?対策は?湿度を下げる?

寒くなってきて、暖房器具の使用も増えてくる時期になると思います。

しかし、暖房器具を使用していると起こってしまう結露。

放っておくとカビなどの原因にもなりやすいです。

そこで今回はその結露に対する対策を書いてみたいと思います。


そもそも結露ってなんで起こるの?結露の仕組みは?

結露とは、空気中の水蒸気が凝縮する現象の事を指すのですが、

原因は色々あります。

温度差湿度などがあげられます。


冬になると暖房器具を使用し、内部と外部の温度差や多湿になってしまうので、

どうしても結露になりやすいです。


そこで、今回は色々対策を上げてみますので、参考にしてみてください。


結露を起こしにくくする為の対策は?器具を使う?

結露を起こしにくくするには、湿度、温度の関連性をどうにかすること水蒸気を減らす事が大事になってきます。

そこで、出来ることはやってみる感じで色々対策を書いてみます。


①換気する

冬季の場合、外気の湿度が少ないため、換気を行うことで、

室内の水蒸気量を減らすことできます。


②暖房を使用する

暖房を使用することで、表面温度をあげ、結露対策になります。

しかし、石油やガスファンヒーターは水蒸気を出すので、結露が増えてしまいます。


③除湿する

室内の水蒸気の量を減らす。水蒸気量を減らすことで結露をしにくくします。


④熱交換形換気扇を取り付ける

熱交換形換気扇とは熱交換器の働きで、換気(排気)で逃げる熱エネルギーを回収し、

外気を室温に近づけて部屋に取り込むことを、1台で行う同時給排気式の換気扇です。


これを取り付けることで、熱を外に逃さず、且つ空気の入れ替えをして、水蒸気量を減らし、

且つ温度差も出にくする事が出来ます。
 

⑤インプラスを入れる

インプラスとは、今ある窓の内側に新たに窓を取付けることにより、

家の中での熱の出入りの窓を二重にします。

二重にすることにより、室内外の温度差を調節して、結露を出来にくくします。 


④と⑤は工事が必要になりますので、そこそこお値段がかかります。

しかし、結露ができにくくなることを考えると、かなりマシになるはずです。



最後に

今回は結露について取り上げてみました。

これから冬の時期になると、どうしても出来やすくなります。


最近の窓は出来にくいようになってきていますが、

まだまだ完全には改善出来ません。


そこで、今回の対策を是非活用して頂き、カビなどの対策をしっかりして下さい。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ