車の塩害にお困りの方!特に冬に向けて塩害対策をしましょう!

もうすぐ冬になりますね。

冬になると雪が降り、それを凍らせない為にも塩化カルシウムが蒔かれますが・・・

この塩化カルシウムが塩害を引き起こす事をご存知ですか?

今回はその起こってしまう塩害を徹底的に解決できるようにまとめてみました。

参考にしてみてください。



塩害って何?何で車に起こるの?

まず、塩害ってなんなのでしょうか?


塩害とは、塩分によって車をさびさせたりして劣化を早める、

車に対しては相当厄介な問題です。


海岸沿いなどに住まわれている方には多いのですが、

ウインタースポーツが好きな方、スノボ、スキー、ファンスキーをしに、

スキー場へ向かわれる方にも出ます。


何故、車におきるのかといいますと、

上記でも書きましたが、冬に凍結防止の為、塩化カルシウムを蒔くのですが、

その溶けた水溶液が、その上を車両が通行すると水しぶきになり、

それが、車体や車輪に付着。


そうして、車体のさびなどになり、塗装が剥げたりする原因になります。


その為、塩化カルシウムをよく蒔くような所は、その対策をした方がいいんです。


次の章でその対策について解説させて頂きます。




寒冷地における車の塩害対策は何をしたらいい?

車の塩害対策には何をしたらいいのか?という事を書いていきます。


①洗車


当たり前なのですが、かなり有効な手段の一つです。

塩化カルシウムを含みそうな所を行った後、塩化カルシウムを流してあげる事が

対策となります。


②塩害防止スプレー


海岸沿いに住まわれている方などが使用する塩害防止スプレーを使用するという

予防が有効となります。


③アンダーコート、ノックスドール、スリーラスターを使用する。


すべて車の防錆加工となるのですが、

早めにやってもらっておく方がいいでしょう。


色々整備士さんなどから話を聞くと、ノックスドールの方がいい気がする。

というお話も頂きました。
(あくまで個人の見解なので、アンダーコートやスリーラスターがダメという訳ではない事はご了承下さい。)



ただデメリットもあり、ノックスドールはアンダーコートやスリーラスターに比べ、

価格が高いです。

安価でといえばスリーラスターの方が安価でいけると思います。




もし塩害で車が錆びてしまったら?

早めに板金屋さんかディーラーに持参するのが一番いいのですが、

部位や大きさにより価格も変わってきます。


両方ともそれなりにお値段がしますので、考えるところだと思います。


しかし、自分でも出来ないことはないので、

簡単な応急処置を書いていきます。


①マスキングテープをそのサビの部位より大きめに貼る。

②コンパウンドの細かいのでこすります。

③コンパウンドで油分を取り、その後タッチペンを使用。

塗って乾かしてを3回続けます。


※上記の用具はカー用品専門店に置いてあります。

わからなければ、店員さんに聞いてもらうとしっかり教えてくれると思います。


これで目立たなくはなると思います。

プロみたいに跡形もなくという訳には中々いかないですが、

結構綺麗になりますよ。



まとめ

塩害は本当にやっかいなのですが、

心がけて手入れをすれば、そんなにビクビクすることはありません。

付着したのをしっかり落としてあげれば錆びませんし、当然腐食もしません。

愛車を長く乗るためにも、メンテナンスは心がけましょう。




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ